スポンサード リンク


第3回当事者研究関西交流集会のご案内

本日はイベントのご案内。


私自身なぜ関わっているのかよくわからないまま、不思議な魅力に惹かれて関わり続けている「当事者研究」なんですが、

(どうもね…、「自己病名」ってのには、いまだにかなり抵抗が…w)


そして今年もまた関西大会をやることに。

で、SNSではながしていたものの、こちらでは募集告知をすっかり忘れていた。

と言う訳で、だいぶ遅くなりほぼしめ切り目前なのですが、ご案内を。


開催日時は9月17日(月・敬老の日)、会場は昨年、一昨年と同じ大阪大学豊中キャンパス。

その場での当事者研究(リアル当事者研究)や、いろいろな当事者研究のありようを体験いただけるイベントなど。


昨年に引き続き、また私もワークショップやります。

昨年「笑点」とか「漫才」と楽しんでいただけたようで、気合いが入り、今年は拡大バージョンになりました。(個人的には関西人ではないので「笑点」といわれる方がうれしいかも…)
 

第3回関西当事者研究交流集会



日時:2018年9月17日(月・祝)
会場:大阪大学豊中キャンパス
参加定員:200名
参加費:1000円 懇親会費:1500円



詳しくはこちら (第3回関西当事者研究交流集会Webサイト)

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

豪雨・台風時の情報収集リンクfor発達障害児者


※ この記事は2014年8月に書いた記事ですが、広域の豪雨時などに際して適宜新情報を追加して一番上にもってきています。


NAVERまとめに「台風のとき情報を効率よく収集する実用リンク集」を作りましたのであわせてどうぞ。交通(鉄道運行情報・道路規制等)関連のリンクも入ってます。




================================


狸穴猫は交通情報リンク集を台風時用に更新していたのですが、ふと、これは自閉症児者にも必要かなと思い、こちらにも一部アップすることにしました。



まずはお住まいの自治体のWebサイト等をチェック!



避難情報はまずは自治体のウェブサイト、公式Facebookページなどを確認しましょう。


ほとんどの自治体で避難所の開設状況などの非難に必要な情報が確認できます。



地域によっては、同じ大雨であっても土砂災害の危険がある場合と洪水の危険がある場合で避難所が異なることがありますのでご注意を。


 

豪雨台風シーズン 情報クイックリンク



台風の最新情報
気象庁台風情報


各地の河川水位

国土交通省 川の防災情報

→(川の防災情報スマホ版(スマホのGPS機能をつかって現在地付近の情報に簡単にアクセスできます))

Yahoo天気・災害 河川水位


全国のハザードマップ

国土交通省ハザードマップポータル



土砂災害の危険性の情報

土砂災害警戒情報(気象庁)


通行止め等の交通規制情報

→高速道路と幹線道路→日本道路交通情報センター


→その他の道路→国土交通省 交通規制・道路気象



避難の準備について



台風や水害時の避難の準備品は概ね以下のようなものです。




  • 携帯ラジオ

  • 懐中電灯

  • 携帯電話

  • 緊急医療品 (常備薬・ばんそうこう・きず薬・消毒薬等)

  • ろうそく、(マッチorライターも)

  • 現金・貴重品

  • 飲料水

  • 非常食料

  • (あれば) ロープ



障害や病気をおもちの方の場合は以下も必携です。



  • 常用薬がある場合は常用薬及びお薬手帳

  • ヘルプカード、ヘルプマーク等あればそれも



自閉症の方の場合、音声刺激、や光刺激を遮断できるツールがあるほうがいいのではと思います。(避難所はかなり刺激が強い空間ですので)



避難の要領



避難場所の確認を


避難ルートの確保を


動きやすい服装で。


自主的に避難を。


できるだけ複数人で避難。


避難時はできるだけ徒歩で





自閉症児者では避難の際等、定型者の場合よりも早めの準備が必要かと思います。そのためには十分な情報収集が必要なのですが、テレビやラジオをかけっぱなしにしての情報収集は疲労の原因ともなりますし、避難勧告・指示が出る前の情報収集に関してはテレビ・ラジオは意外に無力です。

河川の近い地域にお住まいの方は、河川の水位情報を確認しますとある程度の目処が立てられるのではないかと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

久々に東京に行って考えたこと(1)快適性への投資

お盆の墓参と親類の見舞いを兼ねて久々に東京に行ってきた。
 
三年ぶり?かな。

11日の夜の夜行バスに乗り、東京についたのが翌朝7時半。

なんと夜行バス初体験!

12日の夜には大阪に戻らないといけない…とはいえ、実家(草加)にも寄りたいし、せっかく行くのだから多少はほっつき歩きたい。朝イチの新幹線に乗っても実家に着くのは10時半頃になる。滞在中の時間の余裕を増やすには夜行バスしかない…というわけだ。
 
バスならどんなに贅沢こいても新幹線よりはるかに安いわ~ということで、20人定員のバスにしたので足は延ばせるし楽だこと。
 
途中のサービスエリアで八つ橋とうなぎパイを、手土産用に購入できたし、バスも悪くないな~と思う。

日本橋に降り立って、そのまま地下鉄に乗っても良かったのだが、体ほぐしがてらちと散歩しようと東京駅に向かって歩く。八重洲口から自由通路を通り丸の内側へ。

丸の内側の赤レンガ駅舎を横目にお濠端へ向かう。
 
建て替えなどでビルが若干高くなりはしているものの、この辺の雰囲気はあまり変わらない。

東京駅周辺と違って馬場先門の辺りまでいくと、地下街も30年前とほとんど変わっていない。
ごった返しもしていないが、かといってがらスキでもない…といったカフェに入り、一息。
 
そして二重橋前駅から地下鉄に乗り実家へ向かう。

 
久々に乗った千代田線(東京メトロ16000系)は…大阪御堂筋線の新型車両(大阪メトロ30000系)よりはるかに静かだった。


静かさにびっくりしてデシベルチェッカーを引っ張りだす。
 


chiyoda_16000.jpg

ホイホイこのくらいの値が出るのだ…この程度なら今の私なら耳せんいらずである。


 
 

快適性に対する投資ってやっぱり重要だな。
 

そんなことを考えた東京行きであった。
 


(たぶん続く)




このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

第84回アスパラガスの会参加登録開始のお知らせ

こんにちは。

日は長くなってきたものの、毎日寒いですね~。

春が恋しいです。


さて、先週土曜(1月27日)に本年最初のアスパラガスの会が無事開催できました。
例年通り今年のテーマの検討会がメインなのですが、これまた例年通りサックリ決まりました。

各回のテーマはこちら

 
テーマも決まったところで次回のアスパラガスの会のご案内です。
 

第84回アスパラガスの会開催概要



とき:2018年月2月24日(土) 午後2時~午後3時45分

ところ:JR大和路線・近鉄道明寺線 柏原駅徒歩数分の公共施設

参加費:100円(通信費・資料代等)

申込みしめきり 2018年月2月13日(火) 

テーマ:人との距離のとりかた・他者との境界について

定員:25名(先着順)

エントリーフォームへはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

謹賀新年 2018

2018nenga.jpg



あけましておめでとうございます


 


このブログ、去年はあまり書いてなかったなあ…


正直なところ、二年ほど余り書いていない…気がします。


タヌキ亭主が2年前に定年退職し、それから家の中の環境の再調整に手こずったり、さらに仕事方面(ほぼ「お正月なび」です)に熱中したり、さらにその上に当事者研究のイベント関係に関わったり…、そうこうしているうちにネタは集まるものの消化しきれない…といった状況


いやはや、退職タヌキというのはかなりいろんなことを考えさせてくれます。


そんなこんなで、アスパラガスの会関係以外はあまり発達障害関係のことをやってませんでした。


 


そろそろ消化不良も解消しつつあるので、そろそろいろいろ書きたいなあ。


とまあ、そんなことを考える新年です。


みなさま本年もよろしく!


 


いちおう例年通りの例のものを出しておきましょう(なんとなくおちつかないw)。↓


 


2018狸穴のおせち料理


2018お正月なび管理人宅のおせち



相も変わらずほぼ例年通りの内容。


今回は年末にオーブンレンジを買い換えた余波で、オーブン利用の新アイテムを1つ加えてみた。



めまぐるしく変わる狸穴の雑煮 


元旦は白味噌、丸餅のお雑煮→二日は水菜、角餅のお雑煮。


ここまでは大阪の「あきない雑煮」というもの。


んでもって、3日目は宮城県海岸部の雑煮。いわゆる「引き菜のお雑煮」というやつ。実家の母の故郷の味。


2018雑煮関西白味噌


 


スイーツおせちも企てた



お手軽スイーツおせち試作版


これ、実は年末に試作しただけ。


かってきて詰めるだけというのがコンセプト。


この「お手軽スイーツおせち」についての記事はこちら 


 


 







このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

第83回アスパラガスの会参加登録のご案内

こんにちは。
今年の冬は全国的に寒いようですね~。
 
大阪もしっかり寒いです。
火の気がないとほぼ外気温と同じ温度まで室温が下がる築210年の我が家の台所は、防寒着がないと全く作業ができない環境に成り果てました。
 
毎年、新年あけてからなんですが…、早いです。
 
さて、アスパラガスの会のご案内です。
アスパラWebサイトの登録フォームを更新したあと、こっちに出すのを失念してました。ごめんなさい。
 

第83回アスパラガスの会開催概要



とき:2018年月1月27日(土) 午後2時~午後3時45分

ところ:JR大和路線・近鉄道明寺線 柏原駅徒歩数分の公共施設

参加費:100円(通信費・資料代等)

申込みしめきり 2018年月1月15日(月) 

内容:テーマ検討会+活動報告+会計報告+フリートーク

毎年第一回目の回には、総会ということで、活動報告、会計報告、そしてご参加頂いたみなさまと一緒に、頂いたご意見などを総合しながらその年に扱うテーマを決定します。
アスパラガスの会でこういうことを話してみたいという案をお待ちしています。

そのあとは年に1回のテーマなしのフリートークとなります。
 
定員:25名(先着順)

エントリーフォームへはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

第82回アスパラガスの会参加登録開始のお知らせ

皆様こんにちは。


先日の21号台風は正直びびりました。

なにせ狸穴は大和川とその支流が近いのでかなり切実です。
大和川の危険水位が広域で結構長時間続いたので一応いつでも避難できるように…という用意はしました。

タヌキ亭主の若い頃には台風の大雨で付近の堤防が決壊したり、橋が流されたりということがあったそうなので、あり得ないことではないんですよね。

うちの地域は幸い大きな被害が出ませんでしたが、広域で土砂災害や浸水の被害や交通機関への影響などもあったようです。

それにしても…、テレビは総選挙の番組ばかりで、いつもの台風のときより情報が入手しにくかった。
直で確実な情報入手できる国交省の「川の防災情報」がとてもありがたかったです。
 
21号が通り過ぎたあと、雨続きでできなかったことをいろいろやったら今度は台風22号。
 
そして気がつくと、あっという間に今年もあと残すところ2ヶ月を切ったという。
 
なんか月日のたつのって早いです。
アスパラガスの会も今年の分はあと1回を残すのみ。

というわけで参加登録のお知らせです。

第82回アスパラガスの会開催概要



とき:2017年月11月25日(土) 午後2時~午後3時45分

ところ:JR大和路線・近鉄道明寺線 柏原駅徒歩数分の公共施設

参加費:100円(通信費・資料代等)

申込期間 2017年10月30日(月)~2017年月11月13日(月) 

テーマ:社会・行政に何を求める?どこまで求められる?

定員:25名(先着順)


エントリーフォームへはこちらからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

自閉症スペクトラム者の「あら探し力」は意外に役に立つかも

久々の新記事だ。
お知らせではないので旧来通りのアスペルガー丸出しの超素っ気ない文章にもどしてみる。

 

まずは近況報告だが、このところ、ずっと「お正月なび http://maminyan.com/shogatsu/」の構築とメンテナンスにいそしんでいた。

 

8月後半からおせちの予約スタートがあっちこっちではじまり、今はデパートのおせちの予約開始ラッシュなのだが、そこで更新ラッシュになるのはわかりきっている。

 

ってなわけで、新しい企画ページ作るなら、時期はその前にやっておかなければならないということになり、昨年手が回らなくなって47都道府県の半分しかつくれなかった「初詣コーナー」を4~7月に整備していたわけだ。

今年はやっとこさ、一応の形だけは47都道府県分作れ、来年の干支の戌年絡みの初詣ページもつくれたので、やれやれというところだ。

さて、そろそろ本題にいこう

天賦のあら探し力?

そんなこんなでおせち発売シーズンに突入したわけだが、ここで私は「あら探し力」について考えることになった。

ネットショップと人為的ミス

昨今のご時世、ネットショッピングはもはや日常だ。

ごく普通に生活していてもamazonや楽天やYahooでものを買うことは珍しくもなんともない。

リアル店舗で品物を購入するときですら、商品情報が少ないときは、ネットショップの商品情報を見ることもよくある。

で、そのネットショップだが、意外に人間の手作業で作られている

そりゃ、単なるデータだけでなく、文章での説明だったりすれば、今のところ人の脳みそを介して作り上げられることが大半だ。(未来はわからないが)

そしてそのデータを整形したり、サーバーにアップロードするという作業に関しても、完全自動になってるところは意外に少ない。

人の脳みそ、人の手を介するため、どうしても結構な確率で人為的なミスが起こる。

どういうわけだか、今季、おせち関連の更新作業していて、ネットショップの人為的なミスに何度も出くわしている。

まあ、単独ページの誤植やリンク切れなどから、広範囲にわたるデータのずれ、その他ちょっと情報の質が怪しいものとか、Web管理がらみのものなど、内容はとーっても多様だし、その企業規模もさまざまである。

まあ、今年はおせちの発売時期が昨年よりちょっと早めなので、関係者の皆さんはタイトなスケジュールで仕事をされているのだろう。そのため「うっかり」とか「知らなかった」とかが重なっただけだろうとは思う。

とはいえ、ショップの商品情報にミスが多かったり、Web管理にミスがあると、ネットショップの場合死活問題になりかねない。場合によっては信用にもかかわる。

ってなわけで、実際ショップさんに連絡をとって修正へってなケースもいくつかはあったのだが、そこで私は「あら探し力」というものを考えることになった。

 

あら探しの効用

「あら探し」という言葉は、あまり良い意味ではつかわれないことが多いだろう。

「人のあら探しばかりするもんじゃない」

という定番の「あら探し」をたしなめるセリフもある。

これ、聞いたことある人は多いだろう。

特にASD当事者では言われたことがある人が多いのではないかと思う。実際私も親に何度も言われて育ったw。

何か細部の不備を指摘して顰蹙を買ったなどというトラブルを聞くことも多い。

まあ、「人の行動」にあれこれ口を挟めば、そりゃ感情的な軋轢も生みやすい。

だが、あら探し力が向くのが「モノ」や「データ」であれば…

あら、けっこう役に立つじゃない!!

というのが率直な感想。

「ついつい細部や整合性に目がいく」自閉症スペクトラム者は、ある意味「天賦のあら探し力」をもっているのだろう。

 

 

ネットの時代とあら探し力

ドイツのソフトウエアメーカー、SAPで自閉症者を積極的に採用し、プログラムの動作確認や修正で活用しているといった話があった。

ようは、「あら探し力」の活用なのだが、プログラミングの領域になるとそれなりにコンピュータに強いといったことも必要なので、特殊領域の話だと受け取った人も多いだろうし、IT関連以外の企業からみてもやはり特殊な領域のことと思ってしまうだろう。

だが、本当に特殊なんだろうか?

ネットショッピングが普通になればなるほど、ネットにデータを置くことは多くなる。当然「データのミスの発見」は重要な仕事になってくるわだ。

となると「あら探し力」は、これからの商取引の世界において、結構な需要があるのではと思ったわけである。

もちろん、ある程度のコミュニケーション力や社会常識は必要だが、それさえ確保できれば「あら探し力」はこれからの時代、活かせる能力の1つだろう。

とまあ、あちらこちらのおせち料理のカタログをながめながら、こんなことを考えた。

最後に「あら探し力」の高い人材の活用にお困りの企業さんへ一言。

ネットショッピング部門や、商品データを大量にネットに出すタイプの仕事があるのであれば、そういう部署に「あら探し力」が高い人材を配属しておくと、データ関連のミスの予防、ひいては信用力アップにつながるのでは?

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

第81回アスパラガスの会のご案内

皆様こんにちは。

食欲の秋、秋刀魚のシーズンですね(かなり唐突)。

さて、今回もまた(すいません)ちょい遅くなりましたがアスパラガスの会のご案内です。


第81回アスパラガスの会開催概要



とき:2017年月10月28日(土) 午後2時~午後3時45分

ところ:JR大和路線・近鉄道明寺線 柏原駅徒歩数分の公共施設

参加費:100円(通信費・資料代等)

申込期間 2017年9月25日(月)~2017年月10月16日(月) 

テーマ:人生設計で何を考える?

定員:25名(先着順)

「人生設計」などと大仰な文字列になっていますが、実は、1月にテーマを話し合った際に、

「先々のことって考えにくいよね」
「まあ、発達障害者にとって見通しって苦手な分野でもあるし…」
「とはいえ、結構重要だねえ…」
「考えなきゃいけないことって、いろいろあるよね~」

といった話になりまして、それをひとことでまとめたら「人生設計」という言葉になってしまったというわけなのです。
お気軽にご参加いただけたらと思います。
 

エントリーフォームへはこちらから(~10月16日(月))

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

第2回関西当事者研究交流集会のお知らせ

本日はイベントのご案内。

昨年、べてるの家との一緒に「第13回当事者研究全国交流集会」を開催した関西の実行委員会が、

「関西でもやっちゃおう」

と、関西当事者研究ネットワークとなり、今年、第2回関西当事者研究交流集会をすることに。
(いきなり第2回…なのは、去年を第1回という強引な位置づけw)

開催日時は10月8日、会場は大阪大学豊中キャンパス。

夏から募集はしていたのだが、このブログで告知してなかったとはたと気づ板。

ってなわけでご案内。

今年は昨年より規模を小さくして、当事者研究に興味のある方に、もうちょっと丁寧に当事者研究のことをお伝えしたいという企画内容。

その場での当事者研究(リアル当事者研究)や、いろいろな当事者研究のありようを体験いただけるイベントなど。

私も皆さんの前で参加型のプチワークショップをやっちゃいます(アスパラスペシャルで以前やった自分発見ワークショップ)。


第2回関西当事者研究交流集会



日時:2017年10月8日
会場:大阪大学豊中キャンパス
参加定員:200名
参加費:1000円 懇親会費:3500円
申し込み締め切り:2017年9月20日




詳しくはこちら (第2回関西当事者研究交流集会Webサイト)


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています