自閉症スペクトラムとソーシャルスキルに関して

先月末から今月の初めにかけて、NHK教育で発達障害の特集があった。

それを見ていてふと思ったことを綴ってみた。

コミュニケーション障害があるといわれるが、我が家では実にコミュニケーションに困らないのである。不思議なことだ。
世間で被らなければならない仮面を被らず済む。
目線を合わせないで話していても誰も不思議に思わない。

息子の学校の体育祭直前の我が家の会話である。

息子 「ねえ、何であんなに体育祭で盛り上がれるんだろ?」
私  「うん、そうだねえ、私もわからないな」
夫  「世間とはそーいうもんだ、俺にもわからん、適当に付き合っておけ」

安直に会話は成立する。
しかし定型発達を主流とする世間的に見ればこういった会話は顰蹙ものである。

家の外に一歩出れば私も夫も息子も露骨にこういうことは言わない。

番組を見ていて、出演していた高機能自閉症の人たちも、やはり学び蓄えたソーシャルスキルフル動員で「ちょっと変わっているけどいい人」というラインに自らをはめ込んで発言していたようにも思う。


本音で発言したり行動したりすると世間的に顰蹙ものになってしまうから、長いこと付き合わなくてはいけない学校や職場ではどこかでついボロが出て排斥の対象になってしまうことがある。

学校であればいじめの対象になりやすく、職場であれば左遷やリストラの対象になりやすいというわけだ。

診断は受けていないがAQハイスコアの夫はリストラされたこともある。彼は常に「世間に合わせる」ということにかなり心を砕いている。しかし周りからどうにも「浮く」ことは避けようがないらしい。

生きる糧を稼ぎ出すのに必要なソーシャルスキルを身につけることはとても重要である。それがなければ障害を持つが故に排斥され、経済的に多大な苦労することになってしまう。そしてそれとともに、我々の「本音」はどこへ行くのだろう?と思えてならないのでもあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています