療養日記2006-11-30 アスペルガー向けのPTSD治療って??

療養日記

正直調子の悪さもここに極まれりである。
風邪からきた気管支炎も酷かったが、そのせいもあってなにも動けないのも気になり、精神的にも相当まいっている。
昨年冬頃の調子の悪さが相当ぶり返しぎみ。

記事のコメントもいっぱいいただいているのにあまりお返事書けない状態です。
ごめんなさい>コメント頂いた皆さま。

コメントは調子が良くなったら記事にて反映させて頂きたいと思います。


さて薬はというと

アモキサン75ミリ
レキソタン15ミリ
リスパダール4ミリ
パキシル20ミリ
ハルシオン0.25ミリ
(1日量)
頓服としてセルシン5ミリとベゲタミンB

フラッシュバックと恐怖感の発作が激しいのでリスパダールが増量、テグレトールは耳鳴りがやはり関係ありそうなのでストップになった。

朝、全員を送り出したあと、「(怖くて)何もしたくな~い」の波が襲ってくる。

どうも秋冬にかけてただでさえ冬眠注意状態なのに加え、「寒さに弱い」私が激烈に寒い(なにせ築ン百年なもんで屋外用の防寒着きて腰と首にカイロ装備して台所に立つのである)台所に立たざるを得ないのも悪化に悪影響を与えているような気もする。

これだけ薬飲んでりゃそれなりに眠いのは仕方ないにせよ、例えねむったとしても悪夢はいただけない。

で、これ書きながら思ったのは「フラッシュバック」について。
私の場合、PTSDで、命に関わるような体験はじめいろいろと恐怖感をかんじた体験から恐怖感と共にフラッシュバックがおきるわけだが、アスペルガーであることがフラッシュバックを起きやすくなるという特質があるのでPTSDの治癒に関しては非常に不利なわけだ、

アスペルガー向けのPTSD治療って普通のPTSDとちょっとちがってくるのかなあなどと考えてしまうのである。

なにかいい手がないものか…
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

これだけのお薬を服用されていたら、本当に毎日の生活自体がおつらいと思います。

月並みな言葉ですが、こころからお早い回復を願っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わがままひめさんへ
そーなんです、はっきり言って薬漬け状態。前回の外来ではもうヘルパー頼んじゃうようにって主治医にいわれてしまいました。
もう生活能力なしですね。年末どうやり過ごすかが大問題です。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています