アスペルガー児の療育について考える(1)

<アスペルガー児の療育の現状>

ここしばらく娘の件とは別件で、アスペルガー児(高機能自閉児)の療育というものについて調べている。


で…調べていると主なものだけでも、TEACCH ABA RDI SST 感覚統合訓練 PECSと、さまざまな用語が飛び交っている。


用語には中身がついているわけで、そのそれぞれについて調べていたわけだが、カナータイプ向けとアスペルガータイプ向けで療育の根幹に関わる部分にそう大差はないように思う。


面倒なので個別の用語についての解説は割愛する…が、
それではあまりにも不親切なので、とても親切な解説をしているサイトを見つけたので紹介しておく。


お父さんの【そらまめ式】自閉症療育
http://soramame-shiki.seesaa.net/
なかなかのボリュームで、実に丁寧にまとめてくれている、非常にありがたい。
ここを見ただけで、療育についての一通りの知識を仕入れられるだろう。


さて、現在、自閉児の中でも特に高機能児の療育の主流となっているのがTEACCHという包括的なプログラムの一部である。


TEACCHプログラムの中の認知・行動学的な分析、構造化の手法、そしてソーシャルスキルトレーニングの部分が幼児~学童期の療育の主なものとなっている。


ここで療育の実態だが、


公的療育では1回1時間から2時間、週1回、少なければ隔週のプログラムが多いようである。そして対象は未就学児童という場合が殆ど、費用は補助にもよるが1回あたり無料~1500円程度が多い。


民間では1回90分から2時間で週に1~2回のプログラムが多いようだ。未就学児から小学校低学年を対象にしているものが殆ど。これは1回に6000~8000円程度かかる場合が多い自宅にセラピストを呼んで個別の療育をする場合は1回に6000円~10000円程度に出張費がプラスされる。


公的なものではTEACCHプログラムをベースにしていることが多く、民間のものではTEACCHもしくはABA(応用行動分析)をベースにしているものが多いようである。


いずれも生活面の行動改善を主な目標にしているものが殆どである。


公的療育は人数の枠が狭く、確定診断済みの場合のみ受け入れていたり、希望しても抽選となったりする場合があるようである。
この辺は自治体によるのでなんともいえない。


とまあ、調べた感じ、こんなところである。


さて、ここいらで療育のあれこれに関して書いていこうと思うわけだが、ここから先、やたらと長くなるので10回ほどに分割して連載していく予定。


というわけで今回はこの辺で。


<つづく>
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています