アスペルガー者にとって過集中というもの(2)

さて、過集中について2回目。

http://www.geocities.jp/yanbaru5555/adhdvsas.htmで有名なやんばる先生(後藤健治氏)が、アスペルガー者の気分の変動について、

「過集中と虚脱のパターン。過集中が長引く。」

とかいておられる。

それを読んで、

まったくその通りだ!あはは…と、

過集中絶好調(躁ぎみ?)の私は思ったのだが、

この過集中というのといかに付き合うのかというのがアスペルガー者のQOLに関わってくるということも考えた。

過集中と虚脱

そう、過集中を放っておくと虚脱が必ず来る。

どうもなんにも関心が持てない~というのが虚脱症状ではない。

「なんかなんに対しても集中できない」というのが虚脱症状だ。

そう言うときはどうするか?

ひたすらぼけーっとする…好きな本でも読みながら…

というのが虚脱時の回復方法だが、これまた弊害がある。

なにせ…

時間をとられる

まあ、私なんぞぐうたら主婦をしているからそれでもいいといえばいいのだが、
ちょっと忙しい時期にコレが来ると、気分を持ち上げるのにえらい苦労をする。

苦労をする…つうもんじゃない。
パニックとの戦いになる。

(集中力欠如状態の時は、なにかにつけパニックを起こしやすい。)

なにせ集中力ゼロ状態でなにかしなきゃいけないわけで、
そうなると「手順」というものが重要になってくる。

「手順書」つくっちまえば大丈夫。

これが長年アスペルガーな脳みそとつきあってきて、私が開発した方法である。


ま、主に家の中だけで通用する手段である。


手順がはっきりしてしまえばそれは「ルーチン」とかわらない。
黙々とこなすうちにプチ過集中状態になるので、
仕事が段々なくなってくるという寸法だ。


とにかく過集中と虚脱のうち、虚脱との付き合い方も、
生活の質を大きく変えるような気がするのである。


<まだ続く>







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑


というわけで、
WEB制作と
「過集中」に
過集中ぎみ
ですねえ…

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第75回アスパラガスの会は2017年4月22日(土)開催です。
テーマ:私のこだわりポイント 対人関係の困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその1) 参加登録受付中 2017年4月10日迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています