二度目の当事者講演をしてきた。

番組の途中ですが…とちがった、連載の途中ですが、過集中はちょっとおいておいて、ご報告。


昨日、二度目の当事者講演をしてきました。

大阪府下の某自治体の教育委員会主催の講演会。


前回の関係者が紹介してくれてのご縁であった。


90分一本勝負、聴衆は約100名。

内容はというと、サマリーは以下のようなもの。

対象が学校教職員・幼稚園・保育園職員がほとんどであるので、こんな感じになった。



<講演資料 2008/08/27>

◆アスペルガー症候群に関して一般的なこと。

最近KYということばを耳にする
「空気を読め」だが、「空気を読めない人」をさすことも多い。
アスペルガー症候群の人間はこの「KY」の代表とされるが、それだけが障害ではない。
 「コミュニケーション障害」 「想像力の障害」 「社会性の障害」
この三つが主な障害と言われるが、本人にとってつらいものの1つに「感覚過敏」がある。
そして「集中力の適切な分散」が苦手であること「音声理解が悪い」ことも結構実生活上では問題になる。
・感覚過敏の種類…
   音声過敏、臭覚過敏、触覚過敏、味覚過敏

普段の生活で不便なこと。
 音声過敏がひどい時は、テレビがついていると集中して仕事ができない。
 予想外の事態に弱い。(献立の急な変更要請でパニックを起こす。)
 行事等で非常に疲れる(葬式の手伝い、お祭りの手伝い等、)
 適度な集中ができないため、非難を受けやすい。
 ことばを字面通り受け取ってしまい、コミュニケーションが上手くとれない。

反面・いいこともある。
 好きなことに関しては集中力が続く(私の場合、ホームページ作成など)

見えない障害であること。
 ・家の中で1人だけアスペルガー症候群のケースはかなり辛いものがあるだろう。
   →早期の診断で二次障害を防ぐことができる。
・診断が遅れがちになること。


◆学校の中でのアスペルガー症候群児

学校という場所…勉強する場所という固定観念。
・休み時間の過ごし方がわからない。
 ・コミュニケーションの場であることが理解できない。
 ・集中できない環境であることが多い。
ASの子にとって学校は地雷原
・何かと騒々しい環境…苦手とする子が多い。
・他人の悪意がわからない…いじめのターゲットになりやすい。
・冗談がわからない…わからないだけではすまない…適切な返し方を知らないのでさまざまな問題を生む
・協力して何かをすることが理解できない。

運動会は苦手
 運動会のピストルの音が苦手な子もいる。
 私の場合は「前の人の肩につかまって」が苦手…くすぐったさが我慢できない。

運動会に限らず行事について、定型発達の子どもにとっては楽しみでもアスペルガー症候群や高機能自閉症の子どもには「つまらない」「苦手な」ものの事が多い。
 例・運動会・文化祭(学芸会)・お楽しみ会など

 ・学校で学習以外のことを何故やらなくてはいけないのか理解できない。
 ・突発的に授業の予定が変わることが嫌い。
 ・練習自体なぜするのかわからない。(特に入場行進の練習など)

学校の先生にぜひお願いしたいこと。
 ・授業変更などはできるだけ前もって言って欲しい。
 ・感覚過敏に配慮して欲しい 
・いじめが起こらないようにして欲しい。
   →いじめは二次障害の原因になりやすい。




90分は結構長い…というわけで、実例を交えて膨らませたわけだが、今回の講演は私にとって結構ギャンブルであった。

なにが…というと、サマリーのほうには出てこないが、私の受けてきた「いじめ」の話しを実例として多く盛り込んだところである。

このブログでも、小学校時代のいじめに関しては今までほとんど書いてきていない。
本邦初公開(大げさか…)でいじめの話しをしてきたわけだ。

フラッシュバックのリスクもある。

しかし、教育関係者対象の講演会でコレをはずすわけにはいかない。


人前で話すこと自体は結構好きなのでそのことに対する不安はないのだが。
いじめの話しをすることに関しては若干の不安があった。


確かに話し始めるとその時、その場の状況がありありと浮かんでくる。
パニックこそ起こさないものの、フラッシュバック状態だ。それなりに感情も蘇ってくる。


が、なんとか無事にしゃべりきることができた。



実にめでたい。





なにせアスペルガー児のいじめの問題は深刻だ。
成人アスペルガー当事者で、いじめが原因での二次障害をかかえている人も少なくない。
(っつうか、結構多い気がする)


誰かが語らねばならない問題なのだろう。
だが、語るには当事者にとってはフラッシュバックを起こすリスクが大きい代物である。


一応クリアできたことで若干の自信がついた。


というわけで、このブログでも追々、いじめの話しも書いてみようかと思う。


と、同時に、また機会があればこの手の講演をやってみたいとも思う。


========================

そんなわけで、ご依頼歓迎ですぅ。


なにか狸穴猫にしゃべらせたいという企画がありましたら、
左のメールフォームからご連絡下さいませ。

都合が合えばどこなりと参上いたします。

ちなみに狸穴猫は大阪府の南河内に住んでおります。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

お疲れさまでした
講演会成功おめでとう&お疲れさまでした。なんかサマリーには大事なことがめっちゃかかれていて、私も頷きながら読んでいました。良い内容の講演会だということが想像できます(*^_^*)
狸穴猫さん。こんにちわ。
初めてコメントします。ゆうです。
アスペルガー症候群の存在を一昨日知りました。そして半年以上前に別れてしまった彼が、おそらく、そうだったんだろうってことが今わかりました。
とても大好きで、実はまだ忘れられないのですが、彼から言われた言葉、豹変してしまった様子が、かなり私の中でトラウマになっていることと、大好きなのにもう一歩踏み込めない、心のつながりを感じられないことで次第に私が鬱っぽくなっていきました。

彼は作曲家です。
彼の子供を妊娠した私に
『好きな時に作曲できなくなる!!!!!下ろしてくれ』
『作曲できないようにするなんて、お前は俺に死ねって言ったも同然だ!!!!!敵だ!敵だ!お前は敵だ~!!!!!』

意味がわからなかったです。この時は別人でした。
この時の様子は怖くて今でも夢に出てきます。

狸穴猫さんの過去の記事をほぼ読ませてもらいましたが、
『ホウレンソウが苦手』なんて、本当に納得です(笑)。
なんとなく心の傷が軽くなった気がします。
それと同時に彼を傷つけてしまったかも、もう少し早くアスペルガーの存在を知っていれば、お互い傷つかなくても良かったのかも知れないとも思います。
彼の言葉を思い返してみると、彼はもちろん自分がアスペルガーだとは知っていて、診断も受けているようでした。
私ばかり被害者ぶってました。無知って罪ですね。

狸穴猫さんは講演をしてるそうですが、素晴らしいと思います。もっと認知されるべきだと思います。
お互いの気持ちを理解するのは難しいと思いますが、こういう考え方があるってことを知るだけで
全然違いますね!

ありがとうございます。
私のことばかり書いてしまいましたが、狸穴猫さんの記事には助けられました。
今後も読ませてもらいますね!


ご無沙汰してます!
お疲れ様でした。90分もすごいです。
いつか、狸穴猫さんの講演ききたいな~
RE:お疲れさまでした
こんちゃん、お久しぶりです。

まあ、良い内容かはともかくとして、何かしらは伝わったかなあって手ごたえはあったかな。

またやりたいですねえ…って、しっかりはまっている。、

ゆうさんへ
相互理解ってのは難しいですよね。
こういった講演を通して相互理解の輪がひろがればと思ってします。

これからもよろしく!
ゆうゆうさんへ
90分は確かに長かったです。

配ったサマリーはA4版2枚でしたが、ネタ用紙はA4版7枚ありました。

でも時間調整で1~2割は切り捨てたかな。


ぜひ私に…
こんばんは。初めてコメントさせていただきます。今年、息子がアスペかもしれないと臨床心理士に言われた母です。息子の言葉、行動が理解できず虐待ともいえる関わりをしてきてしまいました。二次障害という言葉を知り、親である私が引き起こしてしまうのでは…と反省する半面、未だ理解不能で困惑しています。これからの就学に向け、学校、先生方を上手く巻き込んで辛くない学校生活を。と考えているのに私が理解できていない… 理屈では分かっているのに、感情がついていかず葛藤の日々を送っています。ぜひ私に講演をして頂きたい気分です。 息子がどう考えているのか知りたい。私達の言葉がどう伝わっているのか知りたい。息子からみた日常はどうなっているのか知りたい。分からないことだらけ…親がこんなだから、第三者にはもっと理解できないのだろうと思います。アスペの難しさを痛感しています。 このような講演はとても大切だと思いました。
はじめまして
狸穴猫さん、はじめまして。
最近からブログをはじめました。いつまで続けられるかわかりません。
私もアスペルガーで、ADDっ気、多分躁鬱っ気もあり、色々かかえています。
まだ、ブログ上では、症状の詳細も、まして過去にあったいじめの事など書ける勇気はありません。
(多分読む人もいないでしょうが)
すごいなぁ~、とただただ感心いたしました。
また、寄らせていただきます。
(私も関西育ちです。)
RE:ぜひ私に…
Rママさん、はじめまして、ご子息がアスペとのこと。お子さんの行動が理解できないのはずいぶん葛藤があったのではと思います。
でも、これからですよ。就学前に診断がついて良かったと思います。ぜひお母さんが一番の味方になってあげて下さいね。
RE:はじめまして
ばーばらさん、はじめまして。

結構ね、迷ったんですよ。いじめについてどこまで話すか…というか、話せるかは…。

ま、一回やれば二度も三度も同じなのでまたやってみたいですけど。

お疲れさまでした。7
私も8月の下旬に5日間連続講演をしました。
兵庫圏内の小学校・中学校でです。
学校に伺い先生へのお話でした。
私の場合はADHDの当事者なので
90分じゃ足りなくて 困りました。
でも少しでも現場の先生方にお伝えしたい。。。
そんな気持ちで乗り切りました。
お互い頑張りましょうね。
お疲れ様でした。
私も7月&8月は、学校関係者向けの講演を4カ所行って来ました。見事に小・中・高校が揃っていました。滋賀、京都、兵庫の学校でした。1カ所はダンナとジョイント講演。

あらかじめ事前質問を送ってもらうようにお願いをしています。

事前質問のリストを見たらビックリ。

学校生活のことと就労以降のことが出ていましたね。

学校関係者も就労や結婚生活にものすごく関心があって、事前質問リストの中に、文献に載っていないようなことが質問として出ています。

8月下旬は本当に殺人的なスケジュールでした。仕事が終わったら仕事だぜと言うスケジュールを組まざる得なくなってしまいました。

講演が終わったら、自閉症カンファレンスNIPPONに参加して終わったら、講演と言う殺人的スケジュール。

無理をせずに行きましょう。

ではでは。
くすのきさんへ
くすのきさん、パワフルですねえ。

私にはとてもそんな体力がない~。

でも学校関係者に伝えたいことっていっぱいありますよね。

このブログの表看板に「講演やります」ってのを出しちゃおうか思案どころです。
Rosamondeさんへ
ひえ~、Rosaさんもパワフルだ~!
すごいですねえ。

質問をあらかじめ出してもらうってのは研修会的な講演の場合には確かにできますね。いいアイデアだなあ、もーらいっと。

って、私は次がいつ来るかわかりませんが…。
また機会があったら提案してみます。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています