私が離婚するまで 第2話 発病×2

第1話はこちら


2 発病×2

その1

K市に引っ越してから2ヶ月。ヒイロ(当時2才)が喘息を発病した。

熱を出し、ぜいぜいいっているヒイロの脇で、私は夫(元)の仕事の手伝いのプリントのチェックをしていた。

そして、なにやら様子が変なのに気づき、近所の小児科の門を慌ててくぐった。

「こりゃいかん、うちではダメだ、すぐ日赤に行きなさい、自転車はうちにおいていっていいから、タクシー呼ぶよ」

医師は自ら電話をとり、タクシーを呼んでくれた。

日赤病院の救急外来につき、受付を済ませ、診察室に入ると間もなく。

「喘息です。重症です、器官挿管します」

人工呼吸器をつけられ、小さなヒイロはICUへと運ばれた。


ICUの前の待合室で夫(元)に電話をかけ、待っているとき、気がついた。

情けないことに、カバンの中には”夫(元)に頼まれた教材”が入っていた。


2週間ほどして、ヒイロは退院した。


その後3年間で4回ヒイロは入院し、そのたびに泊まり込みで付き添ったたが、そのたびに、ヒイロには悪いが、「教材作りの手伝いをしなくていい」事で私は解放された気分だった。


=====================
その2

ヒイロの初入院から3ヶ月、夏の終わり頃だったろう。

洗濯物を干そうと腕を上げたら肩に激痛が走った。

これが掌蹠膿疱症性骨関節炎のはじまりだった。

28才の時だった。

医者には「ちょっと早めの40肩ですね」と言われた。

症状は徐々に悪化して、寝るのも辛い日々になるのに一年とかからなかった。

<第3話へつづく>

===============

事情によりこのシリーズはコメントにお返事できません(たぶん)。ご了承下さい







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑



ひとつぼちっと↑
応援お願いします。





関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

リンク先
第一話へうまくリンクされていないようなので、修正していただけると助かります。
RE:リンク先
ご指摘ありがとうございます。
リンク張り直しました。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています