私が離婚するまで 第11話(最終回) 脱出

都合により連載のペースを極限まで早くしてます。
で、そんなことすると埋もれる記事が出てくる。
埋もれそうなのがこれ→単発記事「ああ…大失敗
アスペルガー的失敗についての記事です。よろしければみてみてちょ。



第10話はこちら


11 脱出


その頃、お金にはとことん困っていた。
電気や水道やガスの督促状が届くのは当たり前化していた。

夫(元)に見つかると。


「もう終わりだ!死ぬしかない」


となるのは目に見えているので、そういった督促状は夫(元)の目に触れぬところに隠しておいた。


しかしある朝、仕事に行く直前、電気料金の督促状が見つかってしまった。

実はお金はあったのだが、慣れないガードマンの仕事で疲れてしまい、お金ができて数日というものコンビニに行き損ねていた。

案の定、


「これは何だ」
「電気料金も払えないのか!!!」
「もう終わりだ、お前を殺しておれも死ぬ!」


日常茶飯事化していたが、私の中でなにかがプチンと切れた。


たかが電気代ごときで殺されてたまるか。


「電気代が何よ!死ぬならひとりでどうぞ、私はヒイロがいるから死ぬわけにはいかないわ」

はっきり宣言した。


夫(元)が包丁を持ち出す事はなかった。


そして続けた。

「出て行って!後腐れないように離婚届に判を押してこの家から出て行って!」

夫(元)は言った


「わかったそうする。俺は死んでやる!」


私は続けた。

「帰ってきたとき居ないでね!」

私は振り返らずに家を出た。


今まであった事が走馬燈のように頭を駆けめぐる。
なぜか涙が出てきた。

あっけないものだ…。

仕事中も何度も涙があふれそうになった。


が、


帰ると家に夫(元)はいた。

何かを懇願するように。普段と同じように振る舞う。

「何でいるの?」

私は夫(元)に向かって言った。
私の口から出た言葉は

「出て行って」だった。

夫(元)は懇願するように。

「これから家事も手伝うから…」

という。

私の心の中で涙が完全に止まった。

『もう、この人は要らない、私はヒイロと生きていく』

そう思った。

その後、紆余曲折はあったが、3ヶ月後、離婚した。


その紆余曲折の最中でヒイロ(小6)が私と一緒に暮らすのを拒み、父親と暮らすことを選んだのだけが唯一の心残りだった。


ともかく元夫のいる異常な環境から私は脱出した。


そして、それから2年後、元夫の虐待から逃れるように、ヒイロが私のところに脱出してきた。


13年間の結婚生活はこうして幕を閉じた。
異常な環境だったと本当に理解できたのは脱出してからだった。


そしてあとに残ったのはPTSDだけだった。


=================

事情によりこのシリーズの記事のコメントにはお返事できません、ご了承下さい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑



ひとつぼちっと↑
応援お願いします。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています