第1回アスパラガスの会の報告

スタッフで検討の結果、アスパラガスの会の報告は当面アスペルガーライフblogでさせていただくことになりました。

というわけで報告開始。


==================
第1回アスパラガスの会

2009/05/30(土) 14:00~16:00
大阪府柏原市内公共施設にて

参加者数 当事者10名 同伴者2名の12名
(うちスタッフ3名)

進行 デジタヌ

★プログラム
 ●開会挨拶
 ●ショートスピーチ
 ●グループディスカッション
 ●自己紹介と発表
 ●全体ディスカッション
 ●閉会挨拶


==================
ショートスピーチ
==================

デジタヌ
「私にとってのマイペース」

狸穴猫
「無題」
 内容はこちらの2記事とほぼ同様。
 1記事目 2記事目


aspara2009-05.jpg
写真はショートスピーチの様子。

==================
グループディスカッション
==================
Aグループ

女性4名 当事者3名、同伴者一名、、
(うちスタッフ一名 奈良人…記録)


●ママとも作りで相手の会話のペースについて行けなくて苦労した。

●現在、男性が多い環境で、友達づきあいがあっさりしているのでやりやすかった。

  高校時代は友達の作り方がわからず苦戦。友達つきあいのマニュアルがあっ   たらいいのにと思っていた。

●アスペルガー障害の女性の人づきあいパターンって、定型男性の人づきあいの
パターンとよく似ているのでは?

●興味がひどく限定されるという障害特性を持っているので、人の行動や言動の細
部に対してこだわるアスペルガー障害の方は少ないようです。

  その為、人づきあいの仕方があっさりする (←悪く言えばドライ?)傾向にあるよ うです。


★この話の流れで、定型女性の人づきあいパターンとアスペルガー障害の女性の人づきあいパターンがどう違うのか考えを出し合った。


●定型女性はつるんで行動することが多いが、アスペルガー障害の女性は周りの
雰囲気を察するのが大変な為、単独行動かもしくは少人数でなおかつ短時間での
付き合いになりがち。

●定型女性は、興味がなくても直接的な衝突を避けるためにある程度周りに合わ
せて行動するが、アスペルガー障害の女性は障害特性により興味がひどく限定さ
れることが多いのと、衝突になることが予測できないため合わせて行動すること
が出来ない。
出来ても、ひどく疲れてしまい寝込んだりするので後の生活に支障をきたす。


●もしグループから1人外れて行動している者がいた場合、定型女性は深読みして
その人に対して(アスペルガー的に)過剰な心配をしてしまうぐらい気を遣うが、
アスペルガー障害の女性は表面的にしかとらえないので『あ、1人でいてるわ』と
思うだけで終わってしまいがち。
結果、冷たい人と勘違いされる。

******

★ちょっと話が変わる

●今の(定型発達の)お母さん達同士の付き合い方って、何かが違う気がするんで
す。お母さん同士が(心理的な距離が)引っ付き過ぎているというか…。お母さん同士のつながりがないと子供同士の付き合いが無くなるといったことがなかった)


●アスペルガー障害の女性向けに『定型発達の女性との人づきあいマニュアル』な
んてものが出来てくれれば!。


================

Bグループ

当事者3名
うちスタッフ一名(デジタヌ/記録)


●(マイペースの許容に関して)地域性もあるかもしれない

●妻からの不満
 …相手が何に怒っているのかわからない。
 …会社では問題になっていない。

●発達障害向きの手があるのでは。

●人間関係がうまくいかない。


★その他四方山話。

=================
Cグループ

当事者4名
うちスタッフ一名(狸穴猫/記録)


●マイペースってよく言われる

●集団に入るとペースがつかめない
   (ずれになかなか気がつかない)

●自然と集団から引いてしまうことが多い。

●誰かと話すとき「ここまでは聞いていいですか」と聞いてから話すとうまくいく。

●言いたいことがすぐに出てこないで(集団の会話の)ペースにおくれてしまう。
 →字で書いた方が整理できるという人も。
●パートナーがゆっくりペースの人で助かった。

●一部作業が極端に早すぎで時間をもてあますことがあった…いいことか悪いことか…人間関係が特に気になる。
 →そういう場合の気の使いようがわかりにくい

●ものによってペースの差が激しい。

●手順が固定するのがマイペースにつながるのでは?

●(PDDでは)時間感覚が薄いのもマイペースにつながるのでは?

●定形発達者は「ペース」を考えなくても自動的に周りとペースをあわせていると思う。

★その他四方山話

====================
全体でのフリーディスカッション
====================

●興味関心に引きずられる。

●女性社会で女性アスペが生きていくのはしんどいのでは。

●女性同士の場合、感情が絡み合って上手情報がわからない。

●何で女性は連れだってトイレに行くのかわからずに、ついて行かない。

●小学生の頃から、トイレに連れ立っていくのはあったが、無視していたら顰蹙を買っていた。→いじめの原因になった。

●水洗トイレになったあたりからトイレが定形女性の社交場になったのではないだろうか。

=============

以上が第一回の記録です。

記録が不十分な面もあり、十分に伝えられない面もありますがご勘弁ください。
あまり個人の事情に踏み込んだ部分は割愛しました。


=============

以上。






関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

トイレタイムの謎
久々に書き込みさせていただきます。女子のトイレツアーは謎ですね。アフリカの草原ならともかく。なので私は学生時代、クラスで浮きまくりでした。やはり行動パターンが男性的なのでしょうね。社会に出てから、女は付き合い難いといつも思っています。(いい年して、なんでかたまるんだ?とか)
>何で女性は連れだってトイレに行くのかわからずに、ついて行かない。
<高校時代、拒否して、マイペースだの、自分勝手だのさんざん言われたけど、嫌で仕方がなかった。しぶしぶ、あわせていたけど、今思い出しても、拒絶反応がおきる。
そういう群れ方をするのって、日本人だけなんじゃないかと思う。
ご無沙汰してます。ゆうゆうです、改名しました。
アスパラガスの会、楽しそうですね。
遠方ですが、もう少し子供が大きくなったら参加させてもらいたいです。
地元は…明るい当事者さんにめぐりあえないです…
女性向け友達付き合いマニュアルがあれば、といわれていましたよね。アスペルガーの人のために書かれたというわけではないのですが、思春期の女性の人間関係について書いた本ならあります。1「女の子どうしって、ややこしい!」(レイチェル・シモンズ)、2「女の子って、どうして傷つけあうの?-娘を守るために親ができること」(ロザリンド・ワイズマン)。1は女の子のいじめと対処法について書かれた本で、女の子の仲間集団の研究でもあります。アスペルガーでなくとも、女同士は難しいと思っている人は多いと思いますよ。
Re: トイレタイムの謎
ででんぼさん、こんにちは。

アフリカの草原????まあ、安全のため必要かも。

私は浮いたあげくに小学生の頃はいじめの標的になりました。
娘が小学校にあがったらどうなるのか、それが心配です。
momohahaさんへ
momohahaさん、こんにちは。
うーん、拒絶反応ですか。わかる気がします。

外国の女子トイレが社交場化しているかどうかはに気になるところです。

絢未さんへ
お久しぶりです。
当事者=暗いという図式はなんとしてもぶちこわさないと!です。
がんばります。
annoさんへ
書籍情報ありがとうございます。
ううむ、確かに女性のつきあい方は男性とはずいぶん違いますからねえ。

私は「女性の多い職場はパス」って条件で、仕事を探したことがあります。
今も女性の多い職場は行きたくないから在宅ワークにしがみついている…のかも。

こんな会が東京にも欲しい。
中学ではいじめに遭い、がんばって勉強して一流大学、一流会社に入ったのに、女ばかりの職場で「マイペースだよね~」って馬鹿にされ続け、はぶられて病気になって退職しました。
「あなたは皆と違う」とまで言われて本当に死にたかった!
それ以来ずっと家に引きこもって誰とも付き合わないようにしてきた。
いま、子供の学校のPTAをやりたくもないのにやらなければならず非常に苦痛です。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています