書籍「ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方」


今日は書籍紹介。
だいぶ前に買った本だけど。


ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 イラスト版 (図解大安心シリーズ)ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 イラスト版 (図解大安心シリーズ)
(2008/01)
榊原 洋一

商品詳細を見る





まじめな人にはこの題名でひいてしまう人も多いかもしれない。

「ササッとわかる」

である。

手に取るとき、私でも

「ササッとわかってたまるかよ」

と、思ったもんなあ。

でも、まあ見てみなければはじまらん…と思って手に取った。


で、どんな本かというと、
基本的には子供のアスペルガー症候群の解説書である。


イラストも多用してあるので、わかりやすい。

行動特性に関する解説が豊富で図解も多く、視覚的にもわかりやすい。


「もしやうちの子発達障害?」と疑念を抱いている親御さんでは、この本は大いに参考になるだろう。



で、実は私の着目したのは第二章の「アスペルガー症候群の子供はどいいう状態なのか」である。

状態像の解析がなかなか的を得ているでなはないか。



特に「顔認知」の部分で、


 アスペルガー症候群の子では通常なら人の顔を見たときに働く上側頭回や紡錘回という部分が働いていないことがわかりました。



というくだり。

おお…私が顔認知ができないということは(人の顔が覚えられないその1 その2参照)、私はこの部分が弱いんだな、と大いに納得してしまった。


ま、このように脳科学にもちょっと踏み込んだ形で解説してある本というのはそう多くはない。

その面で、なかなか新しい切り口の本であると思う。


また、第三章の


「暮らしやすい日常をおくるためにできること」


も、なかなかイラストや図が豊富な仕立てでわかりやすく、かつ家庭で簡単に「できること」が並んでおり、好感が持てるとともに、実際役立つと思う。(大人のアスペルガー者にも役立ちそうである)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



書籍紹介

というわけで、
恐縮なんですが
お一つ
ボチッ↑







関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています