ミチャポンのその後(1) 療育に行こう!

第五回アスパラガスの会(2/6 14:00~)参加登録受付中

===================

さて、先月の療養日記でミチャポンも一緒に受診しに行ったということを書いたが、どういう事になったのかを書くとかきつつ書いていなかった。

話はミチャポンのおたふく風邪にさかのぼる。

ミチャポンは風邪程度の時は歩いて3分ほどの近所の内科医院にお世話になっている。

が、おたふく風邪になったとき、その近所の内科医院の先生が慎重な方で、耳鼻科か小児科で診てもらうようにと言われたのだ。

で、小児科を探し、行ったところが、車で10分ほど、歩いてなら30分ほどの距離にある市内の某小児科であった。


N小児科としておこう。


N小児科の予診票に「何か障害はありますか」という欄があったので「広汎性発達障害」と書いておいた。

まあ、そのときは、おたふく確定診断もらって一週間後の再診を指示されて帰ったのだが、一週間後再診時。


「うち、発達障害の療育やっているんですけど、どうです、療育うけてみませんか?」と医師から言われた。


まあ、駅前の調剤薬局に「発達支援室○○○」というA4版1枚のポスター貼ってあったので知ってはいたが、ころっと忘れていた。

で…。

そのとき、いつもの先生のところ(つまり私の主治医)にミチャポンの予約も入れていて、受信後検査するという予定だったので、そのことを言って、


「今かかっている先生に相談しま~す」ということにしてその場をあとにした。


ま、近くで療育うけさせられるならそれに越したことはない。
大阪府でやっているのもあるが、結構遠いので、迷っていたところだ。


というわけで、前々回の私の受信時に、ミチャポンも受診、主治医に相談したところ、


「そういう地元の資源は積極的に活用しましょうよ」
「検査もそちらでできるならそちらでやった方がいいでしょう」


ということを言われた。


それならば…、ということで、帰ってすぐ、N小児科の発達支援室に予約を入れ、初受診が12月のなかば過ぎ。


一通りの親への状況聴取のあと、
言語聴覚士のおじさんが言語面のチェックをする。


ミチャポンはいろいろ遊べたって感じでいたってご機嫌であった。


(終わったらマックでハッピーセットというあとの約束も功を奏していたかもしれぬが)


翌月、臨床心理士のいる曜日に発達検査を受ける事にして予約をとり、1回目の受診終わり。


さて、予約の日は1月の14日ときたもんだ。
そのときには予想だにしないハプニングが…。



<続く>




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



久々の
ミチャポンの話です
さて、このあとどうなるか
気になった人もそうでない人も
おひとつぼちっと↑



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第75回アスパラガスの会は2017年4月22日(土)開催です。
テーマ:私のこだわりポイント 対人関係の困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその1) 参加登録受付中 2017年4月10日迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています