テンプル・グランディン女史の講演から考えたこと(2)-1次不安-

プロローグはこちら
(1)はこちら



毎度になるが、一応、女史の講演の動画のURLを貼り付けておこう
テンプル・グランディン 世界はあらゆる脳を必要としている(動画)


実は講演の中で、とりわけ目を引いた(耳をひいた?)のは牛の話だった。


「牛が旗の影でにおびえる」という話である。


正体のわからない、いつ出現するかわからないものに不安や怯えを感じるのは牛も人間も同じだろう。


「お化け」がなんで恐いかというと、正体がわからない、そしていつ出るかわからないからだ。


さて、アスペルガー児は成人になるまで何らの不安や恐怖感を持たないで育つ事があるんだろうか?

否だと私は考える。


ただでさえ


とりあえず、身体感覚にも社会的関係の中に「わからない」が多発するのである。

幼稚園や小学校からはじまって、わからない「社会」の中に放りだされて
感覚の違うクラスメイトの会話や暗黙のルールという不安にさらされる。


親や周囲がそれらをリアルタイム解きほぐしてやれているごくまれな場合をのぞけば、生きている社会に対して不安感や恐怖感を持たないで育つことはほぼ不可能なのではないかと思うのだ。


これをここでは仮に「一次不安」と名付けることにする。


この「一次不安」を取り除くのに必要なのは「才能開発」ではないだろう。

特に幼少期(概ね論理的思考ができはじめる10歳前後まで)の一次不安に関していえば、
基本的には親の障害に関する受容(的態度)が重要なキーだろうと私は考える。。


グランディン女史にしても、著書「自閉症の才能開発」(下記)の中で、自身の母親が比較的受容的であったことをちらりとではあるが書いている。


自閉症の才能開発―自閉症と天才をつなぐ環自閉症の才能開発―自閉症と天才をつなぐ環
テンプル グランディン Temple Grandin

学習研究社 1997-07
売り上げランキング : 58081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



私にしても、特に父親が私の性格・特質に関して受容的であったことが「一次不安」の解消に大きな力になっていると思っている。


家庭内に「ここに居てもいい」という安心感があれば、
家庭外のことについて「外はこういうもの」という「とりあえずの納得」もしやすいのではないだろうか?


さらに、二次障害というものは、一次不安に対し「解消」とは逆の力が強く働いた場合に起こってくるのではないかと私は考える。



次回につづく


========================
おまけ

さて、現時点で第6回の分まで書いた。
で、どこまで回数が行きそうかというと、13回までは行きそうな雰囲気。
われながらしつこいと思う。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを


今日は短め。
ですがその~

ぼちっと↑
お一つ






関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

今回の話も深いですね。
実際に私も幼少時~小学生時代まで、どこにも味方がいない不安感から、ついに場面緘黙症の状態になりました。
ほぼ間違いなくニ次障害です。
そんな状態では「才能開発」どころか「義務教育として必要な学習」にも大きな支障が出ます。
まずは、家族が当事者をしっかりと受け止めるところから出発ですね。
ナートさんへ
家族の支えは本当に重要ですね。

ま家族が自閉圏でない場合支える以前に子の障害の受容自体も大変だとは思うんですけど、ちょっとふんばって欲しい。

ただ、ふんばれと言ってもふんばれませんから、家族を支える何らかのシステムも欲しいところですね。
それがひいてはアスペルガー児者を支える力になると思います。

また、特に定型発達者である(アスペ児の)親御さんには仲間がいること、集う場があることがとても重要だとも思います。


コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第75回アスパラガスの会は2017年4月22日(土)開催です。
テーマ:私のこだわりポイント 対人関係の困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその1) 参加登録受付中 2017年4月10日迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています