【書籍】発達障害がある子のための「暗黙のルール」マナーと決まりがわかる本/ブレンダ・スミス・マイルズ他著

大阪は今日も暑い…
お盆にはもうちょっと涼しくなるだろうか…。
予報では暑くなるらしいが…。


またまた書籍紹介である。



発達障害がある子のための「暗黙のルール」―〈場面別〉マナーと決まりがわかる本―発達障害がある子のための「暗黙のルール」―〈場面別〉マナーと決まりがわかる本―
ブレンダ スミス マイルズ メリッサ L トラウトマン ロンダ L シェルヴァン 萩原 拓

明石書店 2010-06-08
売り上げランキング : 6995

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




のっけから何だが、またタイトルに惑わされた。

いや、本自体はかなり役立つのだが…、日本語タイトルから、発達障害児にポンと渡せる部分が多いのかなと思ったのだが、ちょいと違うようだ。


原題はこうだ。

The Hidden Carriculum
-Practical Solution for Unstated Rules in Social Situations-

直訳すると…

「隠れたカリキュラム」
社会的場面における暗黙のルールを理解するための実践的方法


構成は概ね3つに分かれている。


◆暗黙のルールとは何かということ、および、その影響について。
◆暗黙のルールを発達障害児に学習させる為のさまざまな手法
◆暗黙のルールリスト


で、あるからして、これは完全に指導者向けの書籍なのである。


さて、順番がずれるが、各パーツごとに紹介していこう。



◆暗黙のルールリスト

28ページにわたって暗黙のルールが列挙されている。このリストだけでも、発達障害の子供に暗黙のルールを教えるのに充分に役立つ本だ。


◆暗黙のルールとは何かということ、および、その影響について。

定形発達の指導者には当たり前すぎてかえってわかりにくい「暗黙のルール」の”存在”と”影響”をわかりやすく説明してある部分。

是非、定型発達の親御さんと学校の教職員諸氏に読んで欲しい部分である。


◆暗黙のルールを発達障害児に学習させる為のさまざまな手法

ここはほとんど専門の指導者向けといったところだ。

単にルールをルールとして教えるにとどまらず、その意味するところを発達障害児に教える場合に役立つ各種の手法の概略が紹介されている。

基本的に手法の簡単な紹介なので、具体的方法の詳細については他書を参照する必要があるものが多いが、「マンガ化」「パワーカード法」の2手法についてはかなり詳しく記述されていて、これについては、家庭でも参考になるのではないかと思われる。


というところで本稿終わり。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



あと3冊の予定
終わりが見えてきた

ということで
ぼちっと↑
お一つ




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています