【書籍】自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト-お父さんもがんばる そらまめ式自閉症療育-/藤居学

お盆もすぎたというのに今年の夏はしつこい!
っつうか、いつまで続くんだ…といいたい!
出かけるのにも暑すぎる…んじゃ家に籠もって何をするかというと読書である。


おかげで本代がかさむこと…、
私はろくに服や装飾品に金をかける趣味はないので本くらい、ま、いっか。


さて、今日紹介する本は、ちょっと私の紹介するもののの中では異色である。
どこが?というと、この本は、カナータイプの自閉症療育に関する本であるからだ。


自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育
藤居 学

ぶどう社 2008-07
売り上げランキング : 111930
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


え、なんで?
ここはアスペルガーライフだから、カナータイプの自閉症は関係ないじゃない?
とお思いのことだろう。

だが、この本は子どもを療育していく上での大きなヒントがたくさん入っている。


「自閉症療育プロジェクトX」
「自閉症療育と家族の物語」


という感じで、物語に近い形で書かれているので定型発達の方には読みやすいだろう。


著者は「そらパパ」のペンネームで「お父さんのそらまめ式自閉症療育」というブログを書かれている藤居学氏
お父さんのそらまめ式自閉症療育のブログはこちら


さて、なかみについて、

診断名が親に告げられてから、どうやって気持ちを立て直して行ったか、療育をどうかんがえて構築していったか…など、参考になる部分がたくさんある。

障害児のいる家庭での父親の役割という部分も見逃せない。


さらに、この本はちょっと別の読み方ができる。

基本的にカナー児の療育を前提に書いてある本なので、比較していくことによって、高機能児の療育がどういった性質を持つかを浮き彫りにしてくれるのだ。

大ざっぱに書けば、

 カナー児の療育が継続型のプロジェクトであるとすれば、
 アスペルガー児の療育はより段階的、戦略的プロジェクトであるということが

浮き彫りになってくる。

当然、目標とするところの違いもまた明確になってくる。


違いだけではない。アスペルガー児にも役立つ、TEACCHやABAの具体的手法の解説もある。


というわけで、

 1.療育考え方と家族の関わりの例を読む。
 2.アスペ児の療育との違いを読む
 3.具体的手法について読む。

と、一冊で三つの読み方ができる、なかなかおいしい本である。


自閉圏の親御さんには若干読みにくい面があるかもしれない。
それは、結論という形のものがはっきりとはしないからだ。
ただ、それをわかっていて読めば得るところは大きいだろう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



またブックレビュー

なんですが、
ぼちっと↑
おひとつ!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています