アスペルガー症候群者には本当に「人の気持ちがわからない」のか?-その2-

<その1はこちら>


年末も押し迫ってきた。
もうそろそろネットでオーダーするものをオーダーし終えないと…とちょっと焦っている。

実はまだ何も注文していない…餅と蟹と牛肉はいつもネットで買うのだが…

さらに今年はクリスマスをケーキも含め手作りにすることにしたので(っつか、成り行きでそういうことにされたので)スケジュールが混み合ってしまった。


というわけで、いただいたコメントはガッツリ読ませていただいてはおりますが
この時期、コメントのお返事までできるかどうか…不透明な状態です、どうかご容赦ください。



さて、前回、「アスペルガー症候群者は人の気持ちがわかるか」ということについて下記のように細かく分解してみた。


1.アスペルガー症候群者には感情はあるか?

2.相手にも感情があるということが理解できるか?

3.相手の気持ちが感覚的に判るか?

4.相手の気持ちが推測できるか?

5.相手の気持ちに配慮した発言・会話が可能か?

6.相手の気持ちに配慮した行動が可能か?



注:「相手の」というときには基本的にこの稿では「定型発達者」をその対象とする。


さて、これを一つ一つひもといていくことにしよう。
ただし、これは個人差も多いことだから、基本的に私の感覚的なものを述べることになる。


というわけで、いろんな方の「私はこうだ」というコメントいただけたらありがたい。



1.アスペルガー症候群者には感情はあるか?


結論から言うと「確実にある」。
私も感情を持っている。喜怒哀楽は確実にある。

ただ、定型発達者が持つらしい一部の感情について、認知性能が悪い可能性はあるだろう。
それは概念形成ができていないもの(=汎化できていないもの)については認識しにくいといったことがあるためではなかろうかと考える。

例えば嫉妬とか憎悪とか…正直、私には感覚的にはわからない。
頭では一応、そういう感情の動きがあるらしいと理解しているのみである。
テンプル・グランディン女史も著書のなかで「幸せ」がわからないと述べている。

では、複雑な感情で欠落するものがあるだけなのかというとそうでもないと考える。

「感覚的にわからない感情」があるだけに、「恐れとか怖れ、不安などの感情」はより強く感じやすいといった面があるのではないかと考えられるのではないだろうか。

私自身のことについて言えば、「頭では理解しているが感覚的にわからない感情」をぶつけられた場合、「食あたり」ならぬ「感情あたり」といった現象が起こる。

簡単にいえば、とにかく恐怖感を強く感じるのだ。

人間わからないものほど恐いものはないというのはどうもアスペルガー者も定型発達者も共通のようだ。要するに「お化けに出会ったような」感覚である。

「正体、そしていつ出るか?などがわからないからより恐い」わけである。

さて、簡単にまとめると、

アスペルガー症候群者にも感情はある。しかし、複雑な感情がわからないもケースもある。
そしてそのため、相手の複雑な感情に触れると、恐怖感をより強く感じることもある。

といったところか。


===========


2.相手にも感情があるということが理解できるか?


そりゃ理解できる。自分にあるものは他人にもあるというのは、そんなに想像が難しいものではないだろう。とりあえず、頭では理解が可能だろう。


ただ、「しっくりくる」という状態至るまでに定型発達者よりも年月がかかる…ということはあるかもしれない。


ちょっとした会話エピソードがある。


 ヒイロ:「オレ、昔小学校のまわりの連中ってロボットだと思っていた」

 狸穴猫:「そりゃまたなんで?」

 ヒイロ:「だってみんな同じように動くんだもん」

 狸穴猫:「なるほど、確かに」


定型発達者が、いろんな場面で割と同一の傾向をもって行動や言動に反応することが、不思議なのだ。


だから、アスペルガー症候群者から定型発達者を見ると、「一定の傾向をもって自動的に動いている」ように見えてしまう面がある。


で、あるからして、そう見えてしまえば、そこに個々の感情の介在を推測するのはちょっと難しいのではないだろうか?と思うのだ。


私自身、「なんでみんな同じようにばかりに動くんだろう」と小学生の頃は思っていた部分がある。


少なくとも定型発達者よりも「しっくり来る」までに時間がかかるといったことはあるだろう。



===========

3.相手の気持ちが感覚的に判るか?

障害が重いほど感覚的な「判る」「判別する」は難しいだろう。

これは、要は相手の発している「気持ち情報」の読み取り性能なのだが、これが定型発達者よりも低いというのが障害の障害たる所以であろう。

表情・目線からの読み取り性能
口調・声のトーンからの読み取り性能
態度(ボディランゲージ)からの読み取り性能。

いずれにも問題があることが多いだろう。
各種の書籍にもその点については書いてあるが、私自身感じることも多い。

私の事情をいえば、あからさまな「怒っている」は多少判別しやすいが、「だからどういう要求がありそうか」などは、まったくもって瞬時には判らない。


さて、とりあえず最初の三つについて、狸穴猫における内部事情と多少の解釈をだらだらと書いてみた。


最初にも書いたが「私の場合はこうだ」というコメントがいただけたらうれしい。

そういったものが集積していけば、アスペルガー症候群者の自然な感覚というものがより定型発達者の皆さんに理解してもらいやすくなるのではないかと思っている。



★さて、ちょっと宣伝
狸穴家の面々がテレビに登場します、見てね!
===========================
NHK教育テレビ 2010年12月22日午後8時~
福祉ネットワーク キラキラ40 「発達障害」
===========================




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



やっと書けました
で、もうちょっと
続きます、が、

お一つ
ぼちっと↑


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

うまく纏められんで恐縮ですが...

私の場合人と感受性のポイントがずれてる事が多々あります。

笑ってはいけない所ではしゃぎたくなる衝動を必死に抑えるなど...

それはひょっとしたらblogの中に書いてあった不安等の裏返った物のように思うのです。
そういえば、、、
私の場合「怒」は恐怖に直結しています。実に分かり安い~~!交通ルールを守らない車に出くわすとプンプン怒っています。
まあそんな単純な所は置いておいても・・・
自分の中で怒りで頭が熱くなるのは裏側にものすごい恐怖心があって、すべて守りのための怒りなのです。
最近自分のことを良く見える様になって(ドクターやいろいろな人からの刺激のお陰です^^)それに気がつきました。

嫉妬に関してはイマイチつかめないというか私は稀薄です。特に男女間の嫉妬はゼロに等しい・・・(女性として欠落している部分かなぁ・・・)

反面、他者の気持ちに関してはしつこいくらい考えたりしますので(それもきっと恐怖の裏返しだったんだと思います)一般的な相手の気持ちはまあわかる方だと思いますし敏感でもある。(負の感情が相手にある時は、早業でキャッチして逃げます~~)

つまりすべて恐いから、敏感にならざるを得なかった?恐いから培ってきたスキルだと思います。
人の目からビーム!何て、漫画みたいですが本当に光線が発射されているみたいに痛みを感じるときもあって、こういうのはなんなんだろうと、思っていました。

自意識過剰と言われてしまえばその通りなのですが^^
こういう感覚を大事にした上であとは計算していくと、対人トラブルは減ったなあ・・・と思います。
(これでも減ったんですよ~~笑)

相手(定型発達の方々)も、色々な感覚があるのはわかるのですが、そのたくさんある感覚から何故か定型の方は同じような行動に結びつくのが多いと感じています。
どうして、こう言ってたのにその行動をするの?とチンプンカンプンになる場合が良くあるのですが、すべては定型発達の人たちは行動するに当たって選択肢が少ないような気がします。その場の常識にそった行動となると必然的に少なくなりますよね。
だからこそ、この社会で上手く生きていけるのだと思うのです。(定型発達の方風に言えば当たり前ってところですか・・・)

長々と書いてしまいました。
もっと書きたい。

自分を第三者的に見る?
感情・・・ウチの両親もASDの気があるので
猫さんと同じ家庭環境ですかね。

で感情ですが
此処でリアクションを起こせば人はこうレスする

という学習をして、自分がなんだか人事のような発言をしてしまいがち・・・

自分にも感情はありますよ。でもね
それをあらわすのは・・・大げさぽいのかわざとらしいのか



すいません 纏まらなくて
すみません、こんなに出遅れて
感想です。
1については、定形?健常な方でも同じだろうと思います。こっちから見ると、無表情ですーごくわかりにくいとか、怒ってるのによく笑えるなあとか思うので、顔面麻痺とか寝たきりの人でもなければアスペ非アスペ大差なし。

2が、これは完全に同意でした。

3が、えっと、自分が表現できなくても、全身で相手の感情すべてを察知しているのがアスペかなと思っています。空気が読めないのでなく、読め過ぎてどれを優先してよいかがわからない状態。
例えば
お父さんが会社で嫌なことがあって家に帰ってきたら私が散らかしっぱなしでだらしなく寝ちゃってるのでますますイライラして、でもお母さんはテレビに夢中でお父さんのご飯も用意しない。で、お父さんが「ただいまっ」とばかでかい声で言ったので私が泣き出して、お母さんが「うるさい!」と言った。位の状態を最後の「うるさい!」で認知しちゃうので、私は固まるしかない。だってどれもどうしようもないから起きるしかないけど、起きたら喧嘩が酷くなるでしょう? という感じ。
解決能力がありすぎるから、わかってもらえず、ストレスためこむのが、アスペだと思っています。
はなさんへ
はなさんへ

「全身で読む」「読めすぎて固まる」
というのはなかなか斬新な考え方ですね。

挙げていただいた例は確かにかなり過酷な感じは受けますので、
ことによると、「まずいことが起こりそう」には敏感なのかもしれません。

警戒心なのかしらん?

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第75回アスパラガスの会は2017年4月22日(土)開催です。
テーマ:私のこだわりポイント 対人関係の困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその1) 参加登録受付中 2017年4月10日迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています