なじむ・なじめる・なじめない・なじまない

アスペルガー症候群のもののうちいったいどの程度が「周囲となじむ」という感覚を有しているのだろうか?


おそらくはアスペルガー症候群者諸氏においては「周囲から浮く」という感覚を「周囲となじまない」と置き換えて理解しているだけで、「周囲となじむ」という感覚を持つものは少ないであろうと思われる。


今回はこの「なじむ」という感覚について考えてみる。


多数派の世界には「周囲となじむ」という感覚があるらしく、これは非常に好ましいものとして受け取られているようである。


これはこの「周囲となじむ」という感覚が、すなわち「あいまいな集団への帰属感覚」として捉えられていることにより、帰属感覚による安心感ともつながる事によるものであろう。


このため、多数派に於いては「周囲となじめるか」という問題は非常に大きな集団対人関係上の課題と捉えられることになる。「周囲となじめない」はすなわち、「集団のなかで不安感をもったまま過ごさなくてはならない」ということになり、非常なるストレスを多数派の人々にもたらすのだ。


つまるところ多数派の人々は常に「周囲となじみ違っている」ということになる。


「周囲となじめない」ことにより、不安・うつ等を引き起こすことも多くあるようである。これはアスペルガー症候群者における「周囲から浮いてしまう」ストレスとは明らかに別なものである。アスペルガー症候群者のそれは「なじまない」であって「なじめない」


また、多数派の集団は「周囲になじんでいない」とおぼしき人物に対し、「なじむ」ようにといろいろと働きかけをしたくなるようである。「いっしょにいるよう声かけをする」「共同の行動に誘う」、こどもであれば「ちょっかいを出す」ということもあろう。


それはアスペルガー症候群の人間にとって大抵は迷惑以外のなにものでもない働きかけである場合が多いが、彼ら多数派が「なじむ」ことに多大なる(アスペルガー症候群者から見れば過剰にしかみえないかもしれない)価値を見出しているために生じる現象なのである。


我々アスペルガー症候群者にとって問題なのは「その働きかけ」にどう対応するかであるが、その働きかけに対しては適当に同調行動をとる・微笑む等、「なじんでいる」感をアピールした方が無難である。


そうしなかった場合「帰属への拒否」と解釈されかねないのである。


============================================


ブログランキング参加してます。
お気に召したら1日1クリックを!






関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています