【書籍】アスペルガー症候群就労支援編/佐々木正美、梅永雄二監修)

先週末から風邪を引いて七転八倒。
関節炎も悪化の一途なのでしんどいが主婦は休めない。

いや、日中は寝てばっかりいるので休んではいるんだが風邪の勢いの方が勝っているようだ。
夕食は勢い手抜きに次ぐ手抜きである。

今回同時に息子が風邪と喘息でダウンしているので「丸投げ」技が使えないのが辛いところだ。


さて、今日は書評といく。


4062789604アスペルガー症候群 就労支援編 (こころライブラリー イラスト版)
佐々木 正美 梅永 雄二
講談社 2009-08-26

by G-Tools





この道では第一人者の佐々木氏、梅永氏の監修であるののだが、
先週はじめ、本屋で立ち読みをして、なんだか腑に落ちない…そして無性にむかむか来るので、
取り寄せて端から読んでみた。


カバーにに記載の「自分にぴったりの仕事が必ず見つかる!」
ははっきり言って誇大広告だ。そういった類の本ではない。


さて内容はというと

 就労継続までの流れ

 就労の成功例が

 就労時の問題点

 ジョブマッチングの重要性

 そのための自己理解の方法

 支援システムの紹介

 就労継続のための工夫




などの内容だが、主に支援を受けながらの就労、すなわち障害をオープンにしての就労について書いてあるので、障害をオープンにしないケースが多い現実とはちょっとかけ離れている感が否めない。


利用可能な支援システムについてはかなり詳しく解説されている。
どのような場合にどの窓口を利用したらいいのかという点など非常にはわかりやすい。


ジョブマッチングの重要性について、自己理解を深めるという点が非常に強調されている。
が、具体的なテスト等は掲載されておらず、「支援機関に行ってやってください」となっている。



さて、もっとも問題なのは就労継続のための工夫についてなのだが、この部分、


はっきり言って役に立たない。


所詮定型者目線でかかれているとしか思えない面が多々ある。


全般的にトライアンドエラーでやってみて、失敗したら周りに原因を聞け、相談しろというような記載が多く、具体的な方策がほとんどない。


例を一つあげると、


「人を怒らせない方法を覚える」なんてことが具体的な方策なしに堂々と書いてある。
そして、対策として「人を怒らせたら周りに原因を尋ねる」とある。


これには正直言って「なんだこりゃ」と思った。
人を怒らせないポイントを理由ごと分析・解説して初めて役に立つというものだろう。




メンターとなる人がいるのが理想ではあるが、そうそう理想的な環境があるとは限らないわけで、その中でどうやって工夫していけば良いのかについて、もうちょっと踏み込んだ分析に基づいた方策を打ち出して欲しかった。



あと、全体に流れる雰囲気として、アスペルガー症候群者の能力を低く見積もり過ぎなのではないだろうか?という点がある。
アパート探しも家族と一緒に…ってなくだりははっきり言って「いらんお世話」ではないかと思ってしまった。


全体に一貫してあるのは「とにかく人に聞け、相談しろ」というものであるが、「何を相談すべきか」ががなかなかわからないアスペルガー症候群者にとってはちょっと敷居が高い気がする部分もあった。



総括すると、利用可能な支援システムの概要を一覧できる本と割り切って読む分には良いだろうが、それ以上を期待すると落胆するか腹が立ってくる本だろうと思った。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



本は読みよう
使いよう?
ま、

ぼちっと↑
おひとつ。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

変な質問や調査表
役所で変な質問が書かれた調査表を渡されましたが、内容に愕然としました。
2秒以上立ってられますか?一人でバスや電車に乗れますか?トイレは一人で使えますか?質問の全ての漢字はルビがふられており、窓口の人が言葉の意味を説明してくれました。
リハビリ機関に通所し始めた際は自分でMT車を運転していても、バスや電車に一人で乗れますか?と訊かれ、あの車で来ましたと指差して驚かれました。
3障害一纏めですが、福祉や就労移行支援事業所も障害者枠での就労状況や賃金などは酷いものです。
障害者枠で就職しても、普通の扱いをする企業は少数です。障害者を雇用すれば、企業の宣伝になるので利用しやすく安い広告ネタにされます。
障害者の起業家がブログやホームページを開設しており参考になります。
ああ、同感です。。。
ここ1年くらい、あちこちに
コメントしたりしてる当事者です*今日は*

私もこの方の本はちょっと腹が立ちました。
あまりにも上から目線なので
気分が悪くなって、買いませんでした。

相談機関を調べる本だと思って
読めば良かったんですね(×_×)
Re: ああ、同感です。。。
ヒロさん、はじめまして。

多少むっと来るんですよね…
ただ本は読みよう使いようというわけで…。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています