発達障害者の周りにはなぜか「活きのいい”モノ”」がある

発達障害者と「活きのいいモノ達」




我が家には「活きのいいモノ」がはびこっている。
大まかにわけて2種類の「活きのいいモノ」だ。


その1 食卓の上にあるすべてのもの


手先の微細運動が超苦手なタヌキの場合、
物を取り落とすなんてのは日常茶飯事である。

食卓の上にある物はすべて飛び跳ねるほど活きがいい」可能性がある。



その2 なくしやすい物


発達障害者の悩みの1つに「物をよくなくす」というのがある。

我が家も例外ではない。
出がけに限っていろんな物がなくなり、右往左往して時間がかかるというのは定番である。

そして意外な場所から見つかってくれる。

鍵も財布もみな自分でどっかに飛んでいくほど活きがいいのである。


かくして


「活きがいいビールだねえ」

「活きがいいみかんだったんだ」

「活きがいい鍵知らないか?」


なんて言葉が我が家では日々飛び交う。



食卓にある系の活きのいいモノ達は手なづけるのがちと難しいのだが
なくしやすい物系はいくつか手なづけかたがあるようだ。


「定位置を決める」
「壁に掛けられるモノは掛けて有無がすぐわかるようにしておく」


ということでだいぶ「活きのいいモノ」を手なずけられるようだ。


しかし、結構問題なのは出かけた時の自転車の鍵。


こないだ私がやったパターンはこうだ。


 電車を降りてすぐ、ホームで自転車の鍵をバッグから出し手に持つ。
 きっぷを改札を通して駅をでて駐輪場に向かう途中で鍵が手にないことに気がつく。


どうやら改札を通るあたりできっぷに気をとられて鍵を手から落としてしまったようだ。
またも「活きのいいモノ」にやられてしまった!


落ちた先が幸いカバンの中だったために難はまぬがれたが、
次からは改札を出るまでは鍵を出さないとココロに誓った。




「活きのいいモノ」と「発達障害」はどうにも相性がいいようだ。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




寒さに負けず?

ぼちっと↑
おひとつ







関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

俺はかなり重度のASで供応動作性なんか7以下だけど、単体動作では、たった今シャープ初期のポータブルMDレコーダーのレーザーピックアップの光軸調整を成功させたところ。
レンズアッセンブリーを支えるダンパー線を針やマイナスドライバーでつついて曲げては本体を色んな角度に傾けて読み込み音や再生音を聞いて判断してレンズの位置を微調整して直すんだけど、誰の助言もなく完全自力でポータブルCDとかで子供時代からやってるし、そんなに難しくもない。
しかし定型にはこの程度の事さえ到底無理らしい。
そういえば手腕とか記憶とか空間把握とかは作業能力テストで13以上あったな。
俺にとってはこの程度の事が何故出来ないのかがマジでわからない。
データさんへ
機械に強い弱いってのも個人差が大きいですね。
特に発達障害の男性では結構機械ものに強い人が多い気もします。
不思議ですねえ。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています