障害モデルと発達障害者支援について考えてみた-可能性を拓く支援と塞ぐ支援-

障害というものをどう捉えるかってのはまあいろいろあって、身体機能で捉えるってあり方もあるし、生活機能で捉えるってあり方もある。


昨今の流行はどっちかというと生活機能モデルだけど、このモデルは別に身体機能の問題の存在を無視してしまうものではなくて、まあ、どうやってQOLあげようかって話しするときに障害者の生活機能を支える外部要素も含めて幅広く障害ってものを見てみようねってもんだと思う。


ただ、この生活機能モデルで障害というものを考えるとき、社会側の受容度という面だけを大きくクローズアップしてしまうと、なんでもかんでも社会に責任を持っていくといったあまり建設的ではない社会批判に陥りやすいとも思う。


発達障害者では「障害のことを理解して欲しい」がややもするとふくれあがりやすい傾向がある。
当事者個々人による困り感の生じるポイントが異なることもあるし、適応状態の差異が大きいこともある。
さらにいえば当事者の感じている理解されない感の原因が、実は誤認知によるものだったというケースもあるため、社会に問題を持って行くべきでないことも入り込みやすい。


さて、発達障害者支援法なる法律ができてからだいぶたつ。こういう法律ができるいうことは当然職業的支援者も増えてくるということだ。それはどういうことだろう?

発達障害者の支援に携わる人もいろいろいる。職務を全うしようと責任感をもって努力し続ける人もいればできるだけ責任をとりたくないという人も当然いる。


そして責任をとりたくない人達にとって、責任を社会に持って行くという路線は実に都合がいい。社会の責任にしてしまえば障害当事者に厳しいことを言う必要はなくなるからだ。


社会の存立も視野にいれた現実的な視点から社会の責務の妥当な範囲を検討することは別にわるいことではないと思うが、社会に責任を押しつけて障害者自身が対峙し解決してくべき問題から目をそらさせるのであれば、それは障害者自身のもつ可能性というものにフタをしてしまいかねないし、下手をすると社会への恨みにも繋がりかねない。


まあ、そんなわけで「寄り添う」という名目で障害者に甘いことを言うばかりの支援者ってのは私はまあ信用しないことにしている。


世の中には障害者の可能性を拓く「支援」と可能性をふさぐ「支援もどき」とがある。
よく見てえらんだ方がいいのは言うまでもない。













関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

支援
今、注意欠陥症状で障害者就労支援センターに通っています。
自分の子どもより若い訓練生と一緒にコミュニケーションの取り方やSST(社会生活訓練)を受けています。
身体障害の人より自閉症的障害や睡眠障害の人が多いです。
その中で際立つのがアスペルガーの人です。
自分の好きな電車の話を誰彼構わず話すのです。
他の人同士が話をしていると割り込んで話し始めます。
スタッフはさりげなく注意をしますが最初は生ぬるいと思っていました。
他にも何をするにもスタッフに報告、言い訳を繰り返すので、スタッフの仕事に支障をきたす人もいます。
スタッフ達は本人に状況を考えさせる質問をして自分で答えを出す方法をとりますが、
その場では模範解答をしてもすぐに忘れるので毎日同じことの繰返しです。
何だかなぁ、と思っていたらここは就労支援センターでなので障害についての指導はできないと教えられました。
スタッフももどかしい思いをしているのでした。町のあちこちに増えてきた「支援」の名のつく施設の多くは人材派遣会社が経営しています。
スタッフは福祉系大学出身者も多いようですが、方向性の先行きは手放しで喜べない気がします。
先程の電車大好き君も大学卒業していると聞いて、
その学歴が就労の邪魔になるのでは?と考えさせられました。
就労に限らず、どのタイミングでどの支援を受けさせるか、まず親の支援が必要なのかもしれません。
Re: 支援
難しい問題ですねえ。

障害者の就労支援で障害起因のトラブルの予防策が講じられないとなると何のための支援かということになりますねえ。

就労支援以前の支援が必要な段階なんでしょうけど…

このブログのアクセス解析を見ていると結構有名な人材派遣会社の名前がしばしば出てくるのはそういうわけだったんですかねえ、うーん。



あったなあ
20代で25社以上転職した挙句、一般就労を諦め、才能も中途半端で作品かけず
ゾンビのような人生を送り、時間を無駄にしつつ
障碍者年金が出てグループホームで暮らしている私が通ります。

周りによく言われたこと+自己分析

・好きな話になると声が大きい
・休み時間や休憩時間にふさわしい長さで会話ができない
・声/時間/強度など、ほどほどがわからない(目で見えないとわからない)
・毎日注意されても学習できない(目で見えないから/忘れるから)
・生命維持に不要、優先順位が低い記憶能力は低い(記憶容量狭いから)

他にも理由はありますが…

最終的に私がたどりついた結論は
「パーテーションつきの個室に一人でこもって、ほぼ休憩なしで作業する」
でした。
(でも通常の会社ではパーテーション+個室はくれない。理系一流プログラマー以外は。。)

中途半端に周りに人がいる、机の島では集中力が途切れ
他人の会話が思考に混ざってきて仕事できません。

そういう状況からも、アスペの人間は才能があったり、独立家業ができなければ
●ぬしか道がないように思います。。

他人と働くと、1000000%迷惑をかけるからです。

よって、才能があるアスペと、家が裕福なアスペと、独立することができたアスペ以外は浮●者+障●者扱いである可能性が高いです。

「中間」がないのです。「すごくできるか、全くできないか」の両方。

好きなことを若いうちから仕事にしない限り、アスペに平和は訪れません。

まあ、その仕事を普通にこなすためにも、人の100倍くらいの工夫が必要なのですけどね。

とりあえず前向きなアスペというのは、才能が認められた人、
幼少期から才能を発揮できた、周りに評価され、それを素直に受け止めてきた人だけです。

アスペは「集団嫌い」という特性から、性●罪者の餌食になり
トラウマを抱え込む場合もあります(私もそうです)

その場合、発達障害+二次障害+PTSD(トラウマ)の治療と対策が必要で
もはやカオス状態です。。

こんなの大学院卒レベルの頭がないと状況分析できるわけがない。
親に話して説明したって、理解できる親じゃなかったりする。

自立支援法は1病院しか適応されないし。

私は一応「うつ+パニック対処」⇒「トラウマ対処」⇒「発達+緊張など心身対処」という順番でやってますが、場合によってはまたトラウマが出てきたりと

まるでモグラたたきのようです。。
これが●ぬまで続くとか、考えただけで●にたくなります。

健常者はまだ幼少期だけでもマトモな発達できるからまだよい。

問題は「人間は5歳までに思考ベースが決定してしまう」ことである。

発達障害は生まれた時から違和感と不快と社会不信に囲まれて育つ。
生まれつき変な人間になる英才教育を無自覚に受けているようなもん。

大人になって、すっかりトラウマ、行動思考パターン、脳細胞、身体能力、
成功体験のなさ、学習性無力感が根付いたころに
「変わらないと●ぬよ」といわれる残酷さ。

頼むから、自●か、永久に眠り続けるくらい自由にさせてほしい。

発達障害当事者にとって、ぶっちゃけ
「現実は現実と思いたくない」です。体が常に重たい。

夢の世界で思うとおりの人生を作り上げ、
体験しているほうがずっと幸せと感じる。

だって夢のほうが、自由に体が動くし、好きな事だって自由にできる。
とっても幸せ。

だから私の趣味は睡眠です。

ぶっちゃけ永遠に眠っていたい。。そこしか平和がないんですから。

自分にも他人にも専門家にも対処方法がない病気について
戦略的後退くらいとってもいいと思うんですが。。

ほら、飛び込みや
「ISISに行きたい!」「むしゃくしゃしてやった」という破滅願望+無差別●●と違って健常者にも迷惑かけないじゃないですか。

この遺伝子を後世に残さないのが私たちの任務だと思います。

どう考えても論理的に考えたらそうなる。

魂が永遠に苦しむだけでしょ?
でも健常者の魂や生きてる他人には関係ないじゃない。問題ないと思うけど。

当事者が何度も永久に苦しむだけ。

周りに迷惑をかけず、頑張って自分で対処しようとした結果そうなる。

どこが悪いの?
悪いというのなら、解決策なり、薬なり、正しい道を教えてほしいですよ。

私は30年以上工夫したり努力したり、苦しんで、頭使いすぎて一時期分裂症になりかけるまで考えましたが、道は見つからず。
今さら努力ったって…学歴もなく、中学レベルの授業も、
幼少期からの無自覚不眠症(トラウマによる悪夢)が16年くらい続いてたので、頭にはいってません。

もう疲れて疲れて、考える力はなくなりました。

生まれた時から砂漠に放り出されて、水がなくて、
でも歩かなきゃいけなくて、コンパスも物資もなくて、
まわりに何もなくて、誰も助けてくれなくて、打つ手なくて
体力と精神力が尽きたら倒れて、あとは干からびるだけ。

そんな感じです。
Re: あったなあ
いくつになっても変わることはできると私は思ってます。
二次障害が治らないなんてこともないと思います。
ただ現時点でいろいろ難しい状況に置かれている方は多いでしょう。
何とかならないものかと考えてます。

私も幼少期は不眠でしたねえ。
20代で気功だの太極拳やったら治っちゃいいました。
最近のではあべこべ体操とか金魚運動が気に入ってます。


コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第75回アスパラガスの会は2017年4月22日(土)開催です。
テーマ:私のこだわりポイント 対人関係の困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその1) 参加登録受付中 2017年4月10日迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています