自閉症スペクトラム児者の感覚過敏を理解するためのモデルを考えてみた

自閉症スペクトラム児者の多くが聴覚や視覚に過敏を持っていると言われる。
私も例外ではない…というより結構ある。

私の場合主に聴覚で、空調機器などの音に弱い。
だがうちにはニオイに過敏でやたらと換気扇のスイッチをつけたがるタヌキ亭主がいる。

そして何が起こるかと言えばタヌキが換気扇をつけてまわり、狸穴猫が消して回るといういたちごっこが年中発生していた。
さらに悪いことに私がいつも陣取っている茶の間のすぐ脇にある洗面所にある換気扇(なんで洗面所に換気扇がついているのか全く不明だが)と私の相性は特に悪く、気がつかないうちについていて(タヌキがつける)、気づいた頃には頭がもうろうとしていて身体もだるく…ということもしばしばだった。

昨年夏、デジタル耳栓を入手するまでこのいたちごっこは続いていたのだ。


デジタル耳せんレポートはこちらからこちらからどうぞ
 デジタル耳せん(キングジム製)を買ったのでその感想
 デジタル耳せん使用レポート第二弾

今ではすっかりデジタル耳栓の愛用者だが、使っているうちにちょっと考えたことがあるのでまとめておくことにする。

感覚の壺モデル



実はデジタル耳せんつけてスーパーに行くと、今まで気になっていたはずの店内放送の音が気にならなくなった。店内放送の音は特に消えないにも関わらず…ということは、消える音のほうが実は問題だった可能性が浮上する。

スーパーの店内はさまざまな音がある。デジタル耳せんで消えるのは空調音、冷蔵設備の音だ。
となると、店内放送の店長のあおり声は実は最後の一撃でしかなく、すでに他の音による音ストレスがマックスに近くなっていたのだと考えれば納得がいく。

だが、私にとってはとても有り難いデジタル耳せんであるが、これによってほとんど影響を受けないという人もいる。

ふと、音ストレスに対する心身の耐性を壺のようなものとしてかんがえたらどうだろうか?
そう思ってちょっと図を書いてみた。

tsubo01.jpg


入る刺激の量が下の蛇口で処理して流せる(情報として利用するなり捨てるなりして)量であるなら問題なく過ごせるが、上から入ってくる刺激が多すぎれば心身に不調を起こすし、不快感も生じる、ひどくなればパニックも起こすということをこれである程度表現できる。

壺の容量が少ないほど、また下の蛇口がせまいほど水面は上がりやすい。
逆に壺の容量が大きく、下の蛇口が太いほど水面は低レベルに維持できる。
(下の蛇口が狭いほど一旦上がった水面を下げるのに時間がかかるというのもある)

こんな感じだ。

イライラ・不快感ラインと心身の不調ラインのどちらを上に置くかはちと迷ったが、
私自身のことをいえば聴覚刺激でイライラや不快感が生じる段階ではすでにかなり疲れていることが多いし、デジタル耳せんの使用感を聞いたりしていてもそれと同様のことをよく聞くので不調ラインを下にもってきた。


tsubo02.jpg



tsubo03.jpg


自分で考えて言うのもなんだが、結構わかりやすい感じになった。
感覚刺激の多い環境と少ない環境をこれで表してみると下図のようになる。


tsubo04.jpg


視聴覚刺激に強い人というのは壺が太いか蛇口が太いかだろうと考えればいい。
体調で聴覚過敏の状態が結構変わることは、体調によって蛇口の不具合が起こりやすいと考えればいいだろう。
不調を起こしやすい視聴覚刺激の周波数などはまた個々に違うだ、その辺も蛇口の性能と考えるとわかりやすいと思う。


自閉症者でなくても病気の時は安静なり静養が必要だったりするわけで、静かなほうが心身に負担がないのは確かだろうから、心身の状態が蛇口の状態に大きく関わるというのはさほど不思議な話ではないだろう。


また、人間成長することやを考えると壺や蛇口も蛇口は成長する可能性もあるかもしれない。
付け加えるなら、成長段階で心身の不調ラインを越えてしまう状態がつづけば成長の阻害が起こってしまう可能性は否定できないと思う。


おまけだが、まあ、壺の形状によっても影響の出方、回復のしやすさなどは違ってくるだろう。

tsubo05.jpg


私自身は視覚面の問題はさほど大きくないので主に聴覚をベースに考えてみたが、調子が悪かったり刺激が多すぎてしんどくなった時など、回復のために布団に籠もって音と光を遮断するという手をとるので(かなり昔からだ)視覚刺激の場合も同様に考えられると思う。



音の多い現代環境



このモデルを考えついたころ、ニュースで保育所の幼児の声がうるさいという訴訟が起こっているというニュースを聞いた。

それで私はちと考えた、「不快ライン」を越える最後の一撃が幼児の声である可能性は否定できないかもと。

現代の都市部の環境は音が多い。

騒音にはいろいろと規制があるにはあるが、曝露量・時間が増えれば壺の水面は下がりにくい。
特に比較的低い周波数の音は目立ちにくいので注目されてこなかった部分でもあり、電気機器、住設機器のメーカーの騒音対策仕様でもターゲットの多くが人の聞き取りやすい音域の音である。

さらに近年は新築時、24時間換気設備を備えることなどが義務づけられたりと、一見いいように見えても音環境といった面からみればかなり危うい状況でもある。

もしかしたら定型発達者も潜在的に音ストレスを抱えている人は多いノかも知れない。とまあそんな事まで考えてしまったが、感覚刺激に弱い発達障害者の場合はより気をつける必要があるだろう。
発達障害者の適応状態が急に変化したなどという場合は、あれこれ心理的な要因を探す前にまずは日常うける侵襲的な感覚刺激の質と量の変化がないか考えてみるってのは必要なことだと思う。



キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト
 
アマゾンでデジタル耳せんを見てみる
楽天市場でデジタル耳せんをみてみる





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

私は換気扇やエアコンの音も気にはなるけど、苦にする程ではないと思っていました。
しかし昨日、同じ原因の音でも質が変わると途端に気持ちが萎えてしまう経験をして、自分のバケツの容量を思い知りました。
職場研修でビジネスホテルの貸し会議室のトイレ掃除を担当しました。
6階分のトイレの中でひとつの女子トイレから突然変な音がし始めたので、
指導担当者に伝えると「今、換気扇のスイッチを入れた音だから気にしなくていいよ」と笑われました。
その音は遠くでヘリコプターが飛んでいるのか、製材所で木を切っているような音です。
翌日も担当者は気にならないようですが、私は苦になって仕方ありません。
年齢と元々の聴力で高音域が聴こえないのに、モーター音が高くなると苦になる、
人の話し声のイントネーションで高い音ほど耳障りなのも、気にしていない音が許容量満タン近くになっているだけなのか?
購入欲の熱が冷めてしまったデジタル耳栓、検証してみないといけないですね。
とんとんさんへ
うーむ換気扇のファンの音にやられましたか…お気持ちお察しいたします。

いろんな換気扇メーカーでファンの音の静音化を考えてるみたいで、技術資料とか読むと「これだけ静音化したぞ~」ってなのが出てくるんですが、どうも目立ちやすい比較的高めの音をカットするような設計のものが多くて

これじゃ意味ないのよ~!

とか思ってました。
そっちの方面の技術屋さんに聴覚過敏の話などが伝えられたらいいのかもですね~。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています