異才発掘プロジェクトの特集番組(ETV特集)をみて考えたこと(1)

先日紹介したETV特集の異才発掘プロジェクト、本放送を視たので感想を…と思っていたが、一見「うまくいってるね、よかったね」ってなつくりに見えるが、正直いって重いテーマがてんこ盛り。

学校教育の問題、家庭環境の問題、プロジェクト自体の矛盾。

感覚の問題、身体の問題、誤学習の問題…とまあ、考えさせられることがいっぱいだ。なかなか奥が深い番組だったと思う。

ってなわけで感想が長くなりそうであるがとりあえず書き始める。

今日はとりあえず番組で何回か繰り返しでてき出てきた「友達」の問題、そして、中盤で出てきたノイズキャンセリングツール使用に関する部分について書いてみる。

みんな仲良くの呪縛?

発達障害児者ではコミュニケーションの問題が幼少期より浮上するケースは多い。そして、本人も親御さんも「友達ができない」という問題に悩むケースは多い。

確かに趣味の範囲がかけ離れていたりすると話題が合いにくいといった問題はあるかもしれない。だが学校で友達がいないことが居づらさや不登校にまで繋がるというのはどういうことだろう?

「友達はいなくてはいけない」「みんなと仲良くしなくてはいけない」というような思いこみがありはしないか?「みんな仲良く」幻想が彼らを縛っているのではないか?ということを思わないではられなかった。

つまり、何らかの誤学習が絡んでいないか?という

秀でたところをのばしていく中で「変っている」といわれることを「外からの評価」として自分の内面が影響を受けないようにするのは別に悪くは無いことだとは思し、彼らにとっては救いになったかもしれない。

ただ、彼らの中の誤学習しやすさというものが解消されていなければ、あるいは自分で誤学習を修正できるようになっていなければ、同様の「自分を縛る幻想」が現れてしまう可能性は依然あるだろう。

プロジェクトではそういったところへのアプローチはあるのだろうか?

そんなことが気になった。

ツールの利用と学校の理解

さて、次は過敏対策ツールの問題

番組の半ばで、ノイズキャンセリングヘッドホンやタブレットを学校で利用することを中村教授からすすめられて、使用するようになり、学校での授業参加ができるようになってきたという話が出てきたが、この部分をみた時、私のアタマには最近あるお母さんから聞いた話が浮かんできた。

掲載許可を取ったのでちょっとその話を紹介する。

B君は6年生になる発達障害を持つお子さんで、支援級に在籍してはいるが2教科を除き授業は交流級で受けている。

だが、6年生になったあたりから聴覚過敏がひどくなり、授業を受けれないことが以前より多くなってきた。

そこで、聴覚過敏対策として、ノイズキャンセリングヘッドホンを使用しはじめ、B君もヘッドホンを気に入ったので、学校でも使用できるようにと、診断書を添えて学校に使用できるようお願いしたものの、他のお子さんや保護者への説明の問題を

普通級での使用について「他のお子さんや保護者への説明」「今までなしで過ごしてきたのだから」などという理由で学校側から難色が示されたため、お母さんは教育委員会に穏便になんとかならないかと相談、その後学校側からルールを守って使用するという条件付きで許可するといってきたという。

Bくんはその知らせに喜び、俄然勉強への意欲もわいてきて、お母さんも少しほっとした様子だった。

だが、フタをあけてみたら支援級の担任が作成したルールがとんでもなかった。

nc_rule.jpg

このようなものになったのは、「将来ヘッドホンがなくては生きていけない子になっては困るから」といった理由だそうだ。

これでは使用許可といっても意味がまるでない。

ショックだったのか(とは思う)Bくんはその後、とうとう学校へ行けなくなり、さらには起き上がれないといった状態にまでなってしまい入院加療を余儀なくされている。

Bくんのケースはある意味最悪のケースであるが、学校の現場はまだまだ感覚過敏に関する理解が進んでいない場合もある。

この番組の中で出てきた小学生のうまくいったケースの話を見ながら、もし、中邑教授の薦めや、教授自ら学校へ出向いての協力要請がなかったら、そんなにあっさりツールの使用が許可されただろうか?

Bくんのケースを思い浮かべながら私はそんなことを考えてしまった。

もちろん、こういった番組でさまざまな対策ツールが紹介されることは、その使用が広がるきっかけになるだろうし、後押しにもなるだろう。

だが、現実問題としては交渉に難儀するようなケースもあるということもまた事実なのだ。学習障害の場合のタブレットの利用にしても結構難儀するといった話も時折聞こえてくる。

まあ、別に学校の先生ばかり悪者にしたいわけではない。

というのは学校の先生は聴覚刺激には強い方が多いと思われるからである、学校の音環境が屁のカッパでなければ学校の先生をやっていられないだろう。聴覚刺激に強い人にとって聴覚過敏というのはとても理解しにくいものだとは思うのだ。

ノイズキャンセリングツールはじめ様々なツールによって日々の暮らしが楽になる場合は多い。しかし、学齢期のお子さんでその利用許可を学校に求める場合は、素直にいくケースもある反面、学校との交渉に難儀するケースもある。

ノイズキャンセリングツール、アーレンレンズやサングラス、タブレットなど、各種の補助ツールの利用が容易になれば、生活における負担が格段に少なくなる。学齢期は基本学校での生活時間が長く、環境を選びにくいことから負担の軽減は切実になんとかしていかなければいけない問題だろう。

おまけ:去年作ったものだが聴覚過敏体験サンプル動画なんてのもあるので、もし人への説明に役にたつなら使っていただいて一向に構わない↓。
自閉症スペクトラム児者の聞こえ方を疑似体験してみる動画)

 

続き、異才発掘プロジェクトの特集番組(ETV特集)をみて考えたこと(2)はこちら

 

 

Bose QuietComfort3 ノイズキャンセリングヘッドホン(スタンダードオーディオケーブルおよびApple製品専用マイク/リモコン付きオーディオケーブル付属) QuietComfort3-SP 国内正規品

 

キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを!
ま、 なにはともあれ
おひとつボチっと



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

No title
番組を見ていないので、再放送を録画したいです。教えてくださってありがとうございます。
時同じくして・・・ワタシも、あることを考えてました。
聴覚過敏者用の専用補装具の開発について。。。

代替え品しかないのはなぜなんだろうと思いませんか?
なんで、ヘッドホン、イヤホン、耳栓しかないんだろう? 
皆さん困ってて、各アイテムをTPOで使い分けてるんですよねぇ、面倒だし、改善して欲しい点も多々あるのに・・・

もっとこういうのがあればいいのに・‥・という皆さんの声がワタシのブログのコメントに書かれています。

ちなみに。うちの息子。複数の発達障害持ちで全般性不安障害などもあるので、この度の道路交通法でイヤホンとヘッドホン禁止にショックして「自転車乗れないなら外出できない!」と駄々こねてる状態です(;´д`)トホホ…。。。
多数を占める汝ら鼻高天狗さんには困る困る。
汝、折角の悔い改める貴会をフイにして、力弱き少数の者にばかり一方的に苦を押し付け悔い改めさせるばかりか、汝らは結果までもを当たり前のものとして求めるその姿勢や獣と同じであるぞよ。
その様な在り方ではより御霊は曇り、愈々となりては灰にする他なくなるぞよ。
愈々となりての改心では間に合はん。
ざがその愈々は臣民人民可哀想ゆえ今年前半まではこの方方々に御詫び致してくださり延ばしに延ばしてださりておりたなれど、もうどうあっても延ばせぬとの事ゆえ、可哀想なから愈々はもう訪れておるのぞ。
今度の事は100年ほど前からクドウ知らしてありた事ゆえ、神に手落ちは無かろうがな。
残念とならぬ様、方々で強く気つけおいたのざが、多数の汝ら聞く耳持たず。云われれば反発するばかりなり。
残念となりても他を恨むでないぞ。
己が招いた事であるぞ。
「友達はいたほうがいい」「他の人とは仲良くしたほうがいい」であれば正しいと言えるでしょう。ですが、「友達はいなくてはいけない」「みんなとは仲良くしなくてはいけない」であれば間違い。「~したほうがいい」が「~しなくてはいけない」に変わってしまう。これって発達障害にはあることですよね。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています