障害者差別発言との指摘のある堀江貴文氏の発言を障害者就労問題から考えてみた

扇情的な批判記事タイトルと内容との乖離から

堀江貴文氏のツイート炎上?の話がなかなかセンセーショナルなタイトルつきでFacebookでいくつか流れてきた。

「ホリエモン「障害者は働いてもプラスにならないよ!時間のムダ」」

記事のタイトルがすでに堀江貴文氏のツイートをかなりねじ曲げてるとしか思えない。

ホリエモンの障害者差別発言に非難殺到!「ついに叩く相手が障がい者になったか」「絶対に許せない」

  

どうやら「許せーん」って感じで怒ってる人が障害者福祉に関わる層や障害当事者の中にそれなりにいるようだというのはわかったのだが

…私の頭の中では、

あれ、堀江貴文氏って確かベーシックインカム賛成派だったよなあ…あれれ???

堀江氏といえば表現がおとなしいほうではないけれどそこまで不用意な発言(ツイート)するかなあ???

というような感じで疑問符がてんこ盛りなった。

で、ちょっと気になり、元を漁ってみた。

批判のきっかけになったツイートは下記の模様

それは勝手にやってくれ。ただその多くは社会的にはプラスにはならないよ。したいならやり方を考えよう RT @tookik_jp: 障碍者の人達にも社会貢献したい人は多いですよ。その場を経済活動/労働に求める人も当然います、作業だろうがなんだろうが。

https://twitter.com/takapon_jp/status/634389152738336768

これを反射的に障害者差別と捉えるのはちょっと早計だと言わざるをえない。

堀江氏は

 「したいならやり方を考えよう」

といっているのだ。

元々アマゾンの自動ピックアップシステムの話からはじまってるようで、そうなるとここで堀江氏の言っている「社会」ってのは生産活動、経済活動の場としての社会だろう。

障害者の就労と生産性、採算性

経済活動としての労働では採算性を無視することはできないのは当然だ。

だが、現在の障害者就労の多くはそれを無視した形ですすめられてしまっている部分が大きい。

法定雇用率達成だけのための雇用、補助金目当ての雇用なども横行する。そんな企業では労働する障害者を戦力化しようなどという方向性に行くことは少ないだろう。

差別解消の名のもとに無闇矢鱈に企業に雇用義務を押しつけても、賃金は低く抑えられるだろうし、生産性を無視して高い賃金を支払ってしまったらこんどは健常者と障害者との間で軋轢が生じる原因になりかねない。

誇りと生きがいを持って働くということを考えたとき、労働生産性というのを考慮しないわけにはいかないのだ。

生産性に貢献できない状態では例え賃金が得られても「飼い殺し」に等しい状態だと私は思う。

ならば、障害者を戦力化できる仕組みをつくればいいし、障害者も戦力になるべく努力すればいい。

できないことではないはずだ。

スワンベーカリー、日本理化学工業…etc.

障害者を戦力化する方向でやっている企業も出てきている

「やり方を考えてきた」企業だ。

もちろん障害者も様々である。どうしても就労が無理という人もいる。そういう人々をどう支えるかという問題は残る。

だが、それは就労問題とは切り離して国の福祉政策として考えるほうがいいだろう。

 

単純労働が機械やロボットにシフトしてきている時代である。人口の大多数が就労する必要があるのか?という問題も出てくるし、そうなれば生産によって得られた富の分配の常識というのも今後急速に変わっていくのかもしれない。

こういった情勢もふまえて考えていくと、堀江氏の発言に取り立てて障害者差別につながるようなところはないと私は思う。

むしろ、堀江氏の発言に対して障害者差別だ障害者排除思想だと声高に叫ぶ人のほうが非現実的であるような気さえする。

「じゃあどういうやり方があるかなあ?」といった方向に話しが展開するのを阻害してしまっているような気がするのだ。

こういう状況こそが、様々な障害者問題の解決を遅らせているような気がする。

障害者問題を考える環境も変わってきた

そんなことをつらつら考えているうちにこの件に関わる様々な記事が出てきた。

【検証】障害者差別発言とされているホリエモンのツイッターを順番に読んでみた(解説付き)

 

乙武洋匡氏が堀江貴文氏を擁護 差別発言との指摘に「悪意ある捏造」

”善良”で無自覚な差別主義者(ひろゆき/西村博之氏)

 

こういった記事が出てくるというあたり、10年前に比べて風通しがよくなってきたのだとは思う。

 

確かに障害者の中には悠長に構えていられないほど困っている人も少なくない。となれば、今回の堀江氏のツイートに接して、自分に結びつくような気がして過剰反応してしまう人もなかにはいるかもしれない。

だが、今、個々人が困っていることに対する対策と、社会全体として将来どうしていったらいいかの方策を考えるのはキチンと切り分けておいた方がいいと思うのだ。

両者には必ずタイムラグが生じるから、社会の変化に期待していたら、いつまでたっても不幸や不満を持ち続けるはめになる。

建設的な議論をしていきたいものだと切に願う。

 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを!
ま、 なにはともあれ
おひとつボチっと



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

No title
世の中が健常者と障害者の真っ二つに分かれていれば分かりやすいけど、
レッテルが貼られていない(自覚がない、あっても障害申請しない)人も多くいます。
ホリエモンも自分は誤解されやすい、
自分の発言は物議をかもしやすいと言うことを学んでいない点では誤学習しているのでしょう。
「代案のない批判はただの言いがかりだ」とビジネスの世界では言われます。
「しくみを作ればいい」というのは代案ではなく思いつきです。スワンベーカリーにしろ日本理化学にしろどの企業にも共有できる仕組みではないので、体系付けた考えが必要です。
それを研究、調査するにもまずお金が必要です。
ホリエモンは仕組みのアイデアもお金のを引っ張ってくるアイデアも持たずにに呟いたので叩かれてしまったのでしょうね。
普通の人なら「ほざいてろよ」ですまされるのが、彼ならではの反応が返ってきたのでしょうが、思ったことを言わずにおれない彼の個性こそ発達障害的特性でもあると思います。
なので、障害を持った人たちも支援する人たちも、彼のそういう部分を認めた上で仲間として、
こういう物言いがこう誤解される、自分達もこんなところで自覚なしに人を傷つけたり、人から傷つけられると教えてくれると嬉しいです(ホリエモンにしたら余計なお節介でしょうが)。
共通項が分かれば話し合い、理解の余地も生まれるかもしれません。
「世の中はクソミソ」です。まともそうな顔をしていてもネジ曲がった人もいますし、明らかに?な様相をしていても思考はまっすぐ素直だったり(その真っ二つでもないのでややこしいのですが)。
ぜひ、障害を持つ側の人から歩み寄ってもらいたいですね。
「アイツ大嫌いだ ! 」と思う部分こそ自分も「持っている部分」だったりします。
仲良くしないまでも、「アイツとオレって共通点ある?」って周りの人に確認したり、
支援する人も仲間の誰かとホリエモンの特性が似てるところはないか探してみる余裕ができると、
巡り巡って社会の(小さな)プラスになる気がします。


No title
福祉関係者の中には偽善的だと感じることは多々ありますね。
私自身も当事者ですが、企業が生産性に追いつけない人雇うよりも覚えが良い人を雇いたいと思うのは当然だと思います。
企業はボランティア団体ではないですから国が障害者を雇うように言うのは方向性がちがうように思います。
障害者については経済問題など、国が対策を立てるべきだと思います。狸穴猫さんと同じ意見です。

ホリエモンがたたかれる理由はないですし、当事者がナーバスになりすぎだとも思います。
ホリエモンが仕組みを作れば良いと言ったのはのは思いつきかもしれませんが、間違ってはいないですよね。
ただ障害者雇用に積極的な企業が取り組めば良いだけの話だと思います。

私が問題だと思うのは、仕事ができる障害者を辞めさせようとしたり、村八分にすることです。
障害者からも歩み寄るべきだとのご意見もありますが、(障害者側に原因がある場合もありますが)いくら障害者側から歩み寄ろうと努力しても健常者側からの理不尽な扱いを受けることも少なくないですから、社会の意識改革は必要になります。
とんとんさんへ
代案がない批判…、これはおかれた立場による部分も大きいと思いますねえ。代案がないからといって話題にできないというのもあまりいい空気ではないような。
まあ、世の中のあちこちに余裕がないのは確かなのかもしれません。

さくらもちさんへ
発達障害者でも生産性を上げられる仕事って結構あるとおもうんですが、今のところ「産業」というところまで成長していないものが多いようには思います。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています