掃除機の音が嫌い!

1才頃からだったろうか、michaponは掃除機の音が苦手である。
果ては掃除機自体も怖がる始末である。ま、音声過敏だなってところである。

で、一昨日の出来事。

いつもなら保育所が終わると一目散に母屋のおばちゃんのところに駆け込むのだが(ちなみにウチらが暮らしているのは同じ敷地内の離れである)、一昨日は違った。

なぜなら、おばちゃんが掃除機をかけていたのである。

母屋に行きたい…でも掃除機コワイ。で、「こわいよ~」を言いながら母屋の入り口で立ち往生してうろうろ。しばらくして掃除機の音が止み、やっと母屋にはいれたのでした。


ところで困ったことが起こった。

母屋のトイレは温水便座である。着座センサーが働くと「ブーッ」という若干掃除機に似た音がするのだ。ちょっと肌寒くなってきたので電源がオンになっていたのが災いした。かくして、3日前まで母屋のトイレに行けていたのに、音が怖くてトイレに行けなくなってしまったのだ。

電源を切って「怖くないよ~」といくら言ってもダメ。
トイレットトレーニング中のmichaponにひとつ難関ができてしまった。

あーあ…である。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 


コメント

僕も掃除機が怖かった
 なんと…僕も小さい頃、掃除機の音が怖かったのです。あの、なんともいえない、無慈悲で手加減のない感じの強力な音がたまらなくイヤでした。掃除機を憎んでいました。
 僕が最初に見た掃除機は、なにぶん30年以上前ですので、とてもレトロで糸巻きか、小鼓みたいな形をしていたのですが、その姿にも恐怖を覚えていました。
 ある日動いていない掃除機を発見し、いくら経っても音を出さないのを確認し、物陰からダーッと飛び出していってライダーキックをかまし、これで安心と思っていたのですが…数日後また音を立て廊下を突進するする掃除機の姿を見たときには「戦いは長い」と思ったものでした・・
ズンドさんへ
ライダーキック!!最高です。
michaponには「お前にも仲間がいる」と言ってやります(わかるかどうか不明だけど)。
あーあの、追加情報です
 数年後、動かなくなって倉庫においてあった掃除機にトドメをさしたのでした…v-31
と、そのことではなく、

 「ヤメテー!!」と絶叫しているのに、笑いながら掃除機をかける親を見て、僕は…多分親を信じることができなくなっていったように思います。他の仲間達には、そういう経験はして欲しくないものですv-16
RE:あーあの、追加情報です
やはり…そういう問題はあるんですね。

逃げる様があまりにかわいそうなので、今は保育所に行っている間にしか掃除機を持ち出せなくなってしまいました。(といっても滅多に持ち出さないが…掃除苦手)

上の子が気分で掃除機を持ち出しはじめるとmichaponと一緒に外に逃げてます。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

第78回アスパラガスの会は2017年7月22日(土)開催です。
テーマ:気分や感情面での困りごとを思考・行動から考える(自閉症スペクトラム者の「あるある」な困りごとシリーズその3) 参加登録受付中 2017年7月10日(月)迄

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています