「娘のこと 」カテゴリ記事一覧


LaQでひと騒動-見通しがつかないと不安になるの巻-

大阪は今日も暑い…何度書いただろう。
昨日など最高気温は37℃にまでなってくれた。

私のパソコンには週間天気予防のウィジェットがデスクトップに鎮座しているのだが、気温の予測を見る限り、秋の気配はまだ遠い。

こんな中、秋の虫たちはしっかり日長変化で鳴き出すのだから、ちょっと腹が立ってくる。
ああ、八つ当たりには違いない。

見通しの立たないのはどうにもストレスである。



特にアスペルガー児者は、「見通しが立つ」のが好きであるからなおさらだ。
(見通しが立たないと不安になるともいうが…)


ま、自然はどうにもならないが、人為的なところで見通しが立たないのはもっとイライラする。


今回の話、イライラしたのは私ではない。ミチャポンだ。


前々から、ミチャポンLaQというパズルブロックをほしがっていた。
これだ↓

LaQ エキスパートS カラーズ (2400PCS)
LaQ エキスパートS カラーズ (2400PCS)
おすすめ平均
starsIQに効く!!!!
starsかなりハマります!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



三角と四角のちっこいブロックを組み合わせて、平面や立体の作品が作れるパズルブロックだ。
LEGOブロックに飽きた子ども達に人気のおもちゃで、ミチャポンの通う保育所でも採用している。


保育所でLaQをやっていたのだが、短時間ですぐ壊さなくてはいけないのと、取り合いになるので、ちょっと不満があったようだ。


ミチャポンは滅多におもちゃをねだらない。
幼児雑誌の広告もまったく意に介さずといった感じで素通りする。
今までミチャポンにねだられたのは、ボール、なわとび、ラッパ、そして今回のLaQだけだ。


そんなけで購入したのだが、到着までに一悶着あった。


小さなセットではすぐ飽きが来る可能性もあるので、ちょっと大きめのセットに決定。
最安値を狙うべく、楽天市場でLaQエキスパートSを検索する。



で、ミチャポンと「よし、これにしよう」と、オーダーしたのだが、いつもはあっという間にくる楽天市場の自動返信メールがまずはなかなか来ない!


ミチャポンはこれだけで不安を隠せない様子になる。


15分ほどで自動返信メールは来たのだが、それからさらにトラブルは続く。


「よっしゃ、これで明日にはお店からメールが来るから、いつ届くかわかるね」
といってその日は寝たのだが…


何故か店舗から来るはずの注文確認メールが翌日になってもこない。



こんなこと滅多にない!


ミチャポンは「LaQいつ来るの?」
と、楽しみにしている…。


「お店からメールが来たらわかるよ」


ミチャポンはしつこく


「まだ?」

「いつくるの?」

「ちゃんと来る?」



を繰り返す。


とても不安げである。


仕方ないので問い合わせをしてやっとこさ、「ごめんなさいメール」が届いて発送予定がわかる。


「明日送るって。だから、あさって、佐川のおっちゃんが持ってきてくれるからね」


こういうとやっとちょっとはほっとした様子のミチャポン


翌日、発送連絡が来て、伝票番号がわかると、さっそく荷物の追跡開始!
「配達店に輸送中」の案内を見て胸をなで下ろすミチャポンと狸穴猫なのでした。


その後は翌日に予定どおりLaQは到着。



たいていは何かネットで頼むと、翌日にはすぐ発送予定がわかって、
伝票番号が送られてきたら、荷物の追跡でどこを移動中なのかわかる。
ミチャポンもそういうもんだと思っている。

このシステム自体は自閉さん向きである。
なにせ見通しがいい。

しかし、ひとたび人為的なミスでそれが崩れると、
「見通しの立たない感」
で相当不安になってしまう。


というわけで、ミチャポン版、「自閉さんは何事も見通しが立つのが好き!」というはなしでした。


==============


ところでLaQを手にして…

これははまりますねえ~。
ミチャポンがねだるのもわかる気がする。
つい私までミチャポンといっしょになって遊んじゃったりして…。

パーツが細かいので手先の訓練にいいかもしれない…
なーんてことはともかく、

とにかく遊べます!






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



見通しって
大事よね~

ま、ぼちっと↑
おひとつ



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

仲のいいおともだち?

大阪は今日も暑い。
いったいいつになったら秋が来るんだ?の勢いで夏が続いている。



この間、何げなく、「おともだち」についてミチャポンにきいてみた時の会話。


================


猫: 「ねえ、みーちゃん、保育所で仲の良いお友達って誰?」


ミ: 「いっぱい」


(しまった…わかりにくかったか…)


猫: 「んじゃ、仲の良いお友達って何人くらいいるの?」


ミ: 「35人!」


(ん…、何か認識がずれていそうな…)


猫: 「それはクラスのお友達だよね、よく遊ぶお友達っってだれなのかな?」


ミ: 「みんな!」


猫: 「あ…あ、そう。みーちゃんは、いろんなお友達と遊ぶんだあ。」


================

どうも、ミチャポンの理解は


「ほいくしょのみんな=おともだち」


という理解のようである。

そろそろ「仲の良い固定のお友達」ができるころかなと思っていたら甘かった。



そういえば、ミチャポンは保育所で

「○○で遊ぶ」

ことを楽しみにしていることはあるが、

「○○ちゃんと遊ぶ」

を楽しみにしていることはないようだ。



ま、親のほうが「お友達=親しい知り合い」程度の理解なのだから、娘のことを言えないが、


要はミチャポン、あまり同年代の他人に興味はないようである。


人よりモノ…というのは、
ASDらしいといえばASDらしいが
…一抹の不安を感じなくもない。



9月に入ったら、就学相談である。
学校向けのドキュメントを作っておかないといけないな。
さて、何を書こう…。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



ミチャポン、
手強し!

というところで
お一つ
ぼちっと↑



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンひき逃げに遭う

センセーショナルなタイトルゆえ、はじめに書いておく。
怪我はたいしたことはない。足首の擦り傷と打撲だけだ。


が、これは腹が立つ!
というわけで記事にする。


保育所への登園中、09:15 ミチャポンと私が並んで歩いていると、後ろの坂からスピードを上げた二人乗りのミニサイクルが突っ込んできた。


ミチャポンがよけようと左にあった駐車場に寄ったが、悪いことに自転車のよけようとした方向も同じだった。


自転車はミチャポンにぶつかって倒れ、とっさに降りた高校生くらいの女の子(運転者)と男の子(同乗者)は、悪びれる様子もなくすぐ逃げようとする。


「ちょっとまちなさい」

「名前と住所は?」

腕をつかんではみたものの振り払われる。

ミチャポンの怪我の程度も見なきゃいけないので、こっちも中途半端な体制だ。
相手の身柄の緊急確保ができない。


「あやまんなさいよ、怪我しているのよ、交通事故だかんね」

「そっちが悪いんじゃない。飛び出してきたんだから」

「よけようとしただけでしょ。」

「とにかく名前と住所言いなさい」

言おうとしない。
男の子が女の子に「いこう、いこう」と何度もそそのかす。

それに乗じて、隙をみて女の子が自転車に飛び乗り、さっと二人乗りになって元来た道を引き返すように逃げて行ってしまった。





当然すぐ110番通報した。


これは明らかに「人身事故」かつ「ひき逃げ」だ!


ほどなくバイクに乗った警察官が3名到着。これは交番のおまわりさんだ。
ついで、交通課の警察官も2名到着。

事情を説明、ミチャポンの足がちょっと腫れてきた様子なのを見て、おまわりさんが救急車を要請。

それからお巡りさんに事情を説明する。

救急車も程なく到着。
ミチャポンと救急車に乗り込み、山一つ向こうの病院へ向かう。

レントゲン撮影をして、打撲と擦過傷だけということが判明して一安心。

受付で会計をすますと、交通課のお巡りさんが来る。

待合室で、事情説明の続きをした後、パトカーで保育所まで送ってもらう。

ミチャポンは至って元気に保育所に合流。
今日はプール参観の予定だったのに…。



しかし…、犯人の特徴をお巡りさんにきかれ、私が思い出すのに難儀していた脇から、ミチャポンが

「男の人イヤリングつけてた」

と、言ったのには驚いた。
まあ、たぶんピアスだろうが、男の子が耳飾りをつけているのが珍しかったのだろう。

警察は聞き込みと、目撃者情報を募る看板を現場に立てて捜査すると言うことだった。


ま、今回はたいした怪我でなくて良かったが、最近の自転車の暴走は目に余るモノがある。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

先にいきなさい~!  -ああ優先順位-

ちょっとさかのぼって6月26日、この日はヒイロの誕生日だった。


この日は朝からヒイロが大忙し…


なにせ、梅干し用の梅の買い出しに梅干しの下準備、
夕飯の焼き鳥パーティ用の鶏の買い出しと、3カ所も買い出しに回ってくれた。


本人焼き鳥が食いたいものだから、気合いが入っている。


さて、材料を切って串に刺すのは私とヒイロの共同作業ということで、
もも串、ネギマ、軟骨、ハツ、砂ぎも、レバー、手羽串、皮串と大量の串刺し作業をしていた。


つまらないのはミチャポンである。
串刺しなので、手伝うにはちと危ない。


で、自転車を玄関の中に入れて、ミチャポンのために普段自転車置き場にしている軒下をあけてやり、
そこで遊んでなさいということにしていた。
なにせ、茶の間はホルンを吹くタヌキに占拠されているため、テレビという手も使えない。


まあ、半時間ほどはおとなしく一人で遊んでいた
ボール遊びやり、縄跳びをやり…


それに飽きたミチャポンが台所のあがり口にやってきて座り、
縄跳びのを結んで片づけようとしていた。


つまり縄跳びを束ねて結ぼうと…。


何もしゃべらず、縄跳びの片づけに取り組むミチャポンだったので、
ヒイロも私も、気にせず鶏の串刺し作業を続けていた。


そこへ突然、ミチャポンが叫ぶ!

「おしっこもれる~」

ヒイロと私はぶったまげて叫ぶ。

「さっさと行け!」

ところがミチャポンは、

「だってなわとびがぁ…」

と、半べそに。

「とにかくなわとびおいて、さっさと行ってこい!」



「だってぇ、なわとび~」


と、パニくるミチャポンに


猫「なわとびは」そこにおいておいていいから」


ヒ「早く行け~!」




と、納得のいかぬ顔のミチャポンを何とかトイレに追いやってから考えた。


なわとびを結ぶのに熱中(まだうまくできないのでがんばっていたのだ)
していたミチャポンの頭では「なわとびを結ぶ」が重大事になっていて、そこに「尿意」という重大事が割り込んできたので、とっさに優先順位の判断ができず、混乱を起こしたのだろう。


とっさに優先順位がつけられないのは私もそうであるが、
今回のミチャポンのはかなりインパクトが強かった。


ヒイロの「本気」の話につづいて、ミチャポンも…
6月はあまり上品でない話がつづいてしまった、あああ~



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




次回は
真面目な話を

というわけで
ぼちっと↑
お一つ


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンの療育ことはじめ…パズルの段

13日、ミチャポン療育がスタートした。

療育といってもパズルをしたりカルタをしたり…。
ほとんど小学校入学準備ではなかろうか?という感じだ。

席に座って指示通りのことをするのがまあ、課題といえば課題。


療育の先生(言語聴覚士)が、今日の予定を明らかにする。

1、パズル
2、カルタ
3、プリント


9、たいそう
10、お母さんと先生でお話
11、おしまい

なるほど予定を明らかにするところが、PDD向きの設計だ。


で、のっけからミチャポン、やってくれた!

20ピースほどのジグソーパズルをしたのだが、ピースの裏に番号が書いてある。
(そう、公文の知育パズルシリーズだ)

ミチャポンは絵を見ずに、せっせと裏返す。



先生はあっけにとられたような顔をする。

「え、裏返すの?」




全部うらがえしたところで、1番から表に返し、パズルを組み立てていく。

2番、3番と番号順に表に返し、あっという間に完成。

絵なんかまるで見てないミチャポンであった。



あああ…。

そりゃ、効率はいいですけどねえ…、パズルしてるっていうんだろか?


先生もそうおもってるだろな~。



次からはパズルはきっとなしだな…。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



あきれた人も
そうでない人も
おひとつ
ぼちっと↑




このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンのその後(5)さあ、療育だ。

このところ、ラッパ片手にキリギリスライフ三昧のミチャポンであるが、
それとは別に、やっと療育の方向性が決まった。


まあ、現実、困っていることが少ないミチャポン。

ただ、問題なのは家の中がアスペルガーだらけなので、外部の環境からのアドバイスが欲しいということだ。


どうも

「どうずれているのか」

が、アスペルガー家族にはピンとこない。


言葉遣いが妙な気もするが、「ま、いっか」ですますのがアスペルガー家族である。

保育所では特に適応に問題を起こしていない…というより、あまり手がかからないのでほったらかしにされている感が…。

だからこそ、個別にしっかり見てくれる第三者が欲しいのだ。


特に小学校にはいると「集団行動」の要求は保育所より強くなる。

そのあたりが気になるのである。


とはいえ、家の中は場所ごとにやることが決まっているといった、至ってTEACCH的な環境。

その手の療育はあまり効果がないだろう。



などというわけで、ひと月待った果てにN小児科から出てきたプログラムはいたってノーマルなもの。


…というより、就学に先立って、お勉強しながら「ずれ」を発見、良い方に習慣づけできればということで、

基本、就学準備プログラムである。


つまり、表面的にはまるで塾…。


一年間の予定で、月に1回通い、書字、ドリル等、就学準備のようなことをする。



こちらとしては第三者に、就学上の問題点などについて、心理的な面からアドバイスが欲しいのであるからして、これで十分。


というわけで、4月から一年の予定で療育に通うことになったミチャポンである。


ま、就学準備のペースメーカーになっていいかな?
って感じ。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




4月からの
ミチャポンの
新生活にエールを?
ぽちっとね




このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンのその後(4) WISCの結果が出たが…

第6回アスパラガスの会(3/27土)参加登録受付中
詳しくはこちらをどうぞ
=================


前回の話はこちら





最近のミチャポンはなかなか機嫌が良い。


ラッパの練習を口実に?保育所から早めに引き上げてくる毎日のせいかもしれぬ。


ラッパが楽しいのか、はたまた、保育所では早くお迎えが来るのが一種のステータスなんだろうか?とも思える反応である。


で、件のラッパのほうはというと、昨日とうとう1オクターブ(下のソから真ん中のソまで)をクリアしたミチャポンである。


ここまで来るにはタヌキのアスペルガー的工夫があった。(よくもまあ、あそこまで凝るぜ…ほんと)


まずは吹奏姿勢を良くするためにラッパのバランサーを作り、さらに、夜でもラッパで遊べるようにと、プラスチック製ラッパもどきを製作するという力の入れようである。


詳しくはタヌキブログに写真付きで載っけてある。


まあ、そんなタヌキとこの私の娘であるからして、当然ミチャポンのWISCの結果にはMの字かWの字のグラフが登場することは予想に難くない。


さて、実際どうだったかというと…


N小児科に結果を聞きに行った私の前に一枚の用紙が差し出された。


で…、実は…、その~


見た瞬間、私は笑い出してしまった。


何が笑えたか…というと、予想を遙かに上回る個人内差があることである。


ある程度のでこぼこ(個人内差)は予想していたが、それを遙かに上回るでこぼこである。

WISCの素点は各項目0~20であるが、


なんと!



1点


という項目と


19点


という項目が混在するのだ。


ほとんど


「あり得るのか!?」


の差である。
(数値の詳細解説からは、確かに現実にその差はありそうだったが…)



まあ、その差を筆頭に、あちこちでこぼこの嵐。



私自身のWAIS-Rの結果も相当でこぼこがひどいが、それを遙かに凌駕するミチャポンのWISCの結果には笑うしかないといったところなのである。


ちなみに、言語性と動作性の差はほとんどなかった。このあたり、タヌキゆずりなのだろう(タヌキも言語性と動作性の差は少なかった)。


ま、とにもかくにも癖のある娘であることは判明。


個人内差が大きいため、学齢期に入って周囲との間に誤解を生みやすいのが問題かもということであった。


自己評価も高く、心理状態はまずまず良好ということで一安心。



さて、療育をどういう方向性で行くかは、病院側から、


「ちょっとプログラムを考えるまで時間をください」

と、言われることに…。




確かに…普段の生活困っていることはあまりない。

多少気になることは、過集中時の返事のなさや、予定外パニックなどの他は、挨拶がちょい不自然、子供同士の会話がちょいと苦手等、「ちょっとだけ気になる」…といった感じのことばかり。


つまりは既存のアスペルガー児用プログラムが適用できそうにないようだ。


やはり一筋縄ではいかないミチャポンなのであった。


ミチャポン療育への道は険しい?




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




ミチャポンの療育は
果たしてどうなるのか?
…ま、…
ひとつ応援
ぼちっとね↑






このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンのその後、(3) WISC受けたよ

前回のお話はこちら。


時間をちょっと戻して先月末に…。


1月14日は、心理士の急病でWISCを受け損なったミチャポンであるが、1月25日、無事、WISCを受けてきた。


前回行き損なった時と同じように前日から準備万端(お洋服の♪)のミチャポンであった。


強烈な寒さの中、徒歩30分かかってN小児科へ。
至ってご機嫌のミチャポンである。


さて、WISCは5歳から適用可の知能テスト。

5歳半のミチャポンはK式にするかWISCにするか境目の年齢だが、12月の言語のテストで、比較的集中力が持ちそうという言語聴覚士の意見があり、ちょっとがんばってWISCをやってみましょうと臨床心理士が言う。


「わかりました」と答えたものの、ちょっと不安。


だ…大丈夫かあ?


WISCはたーっぷり1時間以上かかるぞ~。

この多動娘の集中力が持つんかいな???
第一、理解できるんだろか?


テストは私が同席の上で実施。部屋の隅で様子を眺めていた。


まあ、テストの詳しい内容は省くが、後ろで眺めていて、比較的素直に心理士さんの誘導にのっかって行き、横道にそれずにテストが進んでいくのに驚いた。

心理士さん、うまいよな。


所用時間は結局1時間半。


最初の1時間は、何とか椅子に座っていられたが、最後の30分は、ちょっとした隙に立ち上がって部屋をうろうろしてまた席につくといったあんばい。


やっぱ5歳児にWISCはかなりきついといった印象だ。


詳しい結果は、今週の木曜に聞きに行く予定。


テストの終わった後はお楽しみのマクドナルドのハッピーセット。


「またN小児科行くの?」

「うん、また行くよ、でもまだいつ行くかは決まってないよ」

「また行きたいな」

「今度一回ママだけ行って、相談して決めてくるからね」


相変わらず結構N小児科が気に入っている。
理由は全くもって不明。


とまあ、キリギリスライフの最中にもこんなこともあったんです。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




さあ、どうでるか!
楽しみ~

というところで
おひとつぼちっと↑





このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンのその後(2) 予定外パニック



さて、発達検査の予約をしていた1月14日が翌日にせまった13日。

保育所から帰ってきたミチャポンに、翌日、N小児科へ行くことを告げた。

前の印象が良かったのだろう。喜んだ様子で、夕食後は翌日着ていくものをあれやこれやと選んで決めていた。

そして、夜のお遊びもそこそこに切り上げ、自主的にパソコンをシャットダウン。風呂に入って、素直に寝た。
いつもとは大違いである。

(いつもはなかなか遊びが切り上げられない、なかなか寝ないとった時も多い)


さて、14日朝


珍しく私より早く起きて着替えている。(ミチャポンの部屋には目覚まし時計もないのに!)


予約は10時。
N小児科までは徒歩30分の道のりである。


9時20分に出発するつもりで用意をすすめる。


朝食をそそくさと済ませ、9時には出かける準備万端で、自主的にテレビを消し、コートまで着ているミチャポンである。


私のほうも保険証や診察券等の確認をして時計を確認したのが9時10分をまわったかどうかというとき。




電話のベルが鳴る。



N小児科からだった。
臨床心理士が体調不良で欠勤ということで、今日の予定は申し訳ないが中止、予約の変更をということだった。


ま、仕方ない。
代わりの予約を25日に決め、電話を切る。


電話を切ってはたとミチャポンを見る。


まずい…


完全に行く気になっている…。


ここで言い方間違えるとパニックだ。



発達障害児は突然の予定変更に弱い。



私は慎重に言葉を選んだ…つもりだった。

といっても、代わりの予定を確実に伝えるくらいしか手がないのだが…。



「みーちゃん、今日ね、検査の先生が病気でお休みなんだって、だからN小児科へは今日は行かないで25日に行くことになったからね。今日は保育所に行くよ。」


ミチャポンはちょっとうなだれたようだった。
が、泣きはしない。



保育所は9時半スタート。十分に間に合う時間だ。


さて、保育所の準備だ。
私は保育所用の着替えバックに中身を入れるべくタンスに向かった。


保育所へいく準備を5分で整え、ふと、周りを見回すと、茶の間にミチャポンがいない。


あれ????
トイレかな???
でも、さっき行ったばっかりだよな???


外に出た様子もない。


もしやと思い、ミチャポンの部屋をのぞくと、布団が盛り上がっている。



布団の中だ!



「みーちゃん、なにやってん?行くよ!」


そう言いながら、布団をはぐと、突っ伏して泣きべそをかいているミチャポンがいた。


あああ…


「行きたかったんだよね~」
「○○さん、25日に来てねって言ってたよ」
「(保育所の)S先生も待ってるよ」


何を言っても動かない。
返事もしない。


ただただ無言で泣いている。


このままでは保育所に遅刻だ。


手を変え品を変え、ミチャポンに声をかける





動かない。



ほとほと困ったところで、タヌキから電話が入る。


私は電話のイヤホンマイクを装着し、タヌキに経緯を説明する。


狸「テレビだ、テレビで気をそらせ!何かやっているだろ」


急いでテレビをつけるも…幼児タイムはもう終了したあとだ。


猫「だめ、9時半すぎたらろくなのやってない」


狸「こないだ録画した”クマのプーさん”だ!あれをかけろ!」




果たして…



プーさんの音声を聞きつけたべそかき顔のミチャポンが茶の間に顔をのぞかせる。


あっという間に顔が明るくなる。


ミ「こないだみたの?」

猫「うん、録画してたの、続きみたい?」

ミ「うん、みたい」

猫「じゃ、保育所から帰ってきたら続き見よう」

ミ「うん」

猫「じゃ、保育所行こうか」



タヌキの作戦大成功である。


かくして、にこにこ顔に戻ったミチャポンは10時出発という重役出勤で保育所へ登所したのでした。



映像や音声に気をとられやすいという広汎性発達障害の特徴を逆手にとったパニック脱出作戦の一幕でした。



私は、ほっとして、コーヒーをすすりながら

しっかし、タヌキ、よくわかるなあ…
ほーんと、似たもの親子だよな~

と、改めて関心したのでした。



そんなこんなで、検査は延期、ミチャポン療育への道はまだ遠い?






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを




な…長い!

ま、そういわず
おひとつぼちっと↑









このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ミチャポンのその後(1) 療育に行こう!

第五回アスパラガスの会(2/6 14:00~)参加登録受付中

===================

さて、先月の療養日記でミチャポンも一緒に受診しに行ったということを書いたが、どういう事になったのかを書くとかきつつ書いていなかった。

話はミチャポンのおたふく風邪にさかのぼる。

ミチャポンは風邪程度の時は歩いて3分ほどの近所の内科医院にお世話になっている。

が、おたふく風邪になったとき、その近所の内科医院の先生が慎重な方で、耳鼻科か小児科で診てもらうようにと言われたのだ。

で、小児科を探し、行ったところが、車で10分ほど、歩いてなら30分ほどの距離にある市内の某小児科であった。


N小児科としておこう。


N小児科の予診票に「何か障害はありますか」という欄があったので「広汎性発達障害」と書いておいた。

まあ、そのときは、おたふく確定診断もらって一週間後の再診を指示されて帰ったのだが、一週間後再診時。


「うち、発達障害の療育やっているんですけど、どうです、療育うけてみませんか?」と医師から言われた。


まあ、駅前の調剤薬局に「発達支援室○○○」というA4版1枚のポスター貼ってあったので知ってはいたが、ころっと忘れていた。

で…。

そのとき、いつもの先生のところ(つまり私の主治医)にミチャポンの予約も入れていて、受信後検査するという予定だったので、そのことを言って、


「今かかっている先生に相談しま~す」ということにしてその場をあとにした。


ま、近くで療育うけさせられるならそれに越したことはない。
大阪府でやっているのもあるが、結構遠いので、迷っていたところだ。


というわけで、前々回の私の受信時に、ミチャポンも受診、主治医に相談したところ、


「そういう地元の資源は積極的に活用しましょうよ」
「検査もそちらでできるならそちらでやった方がいいでしょう」


ということを言われた。


それならば…、ということで、帰ってすぐ、N小児科の発達支援室に予約を入れ、初受診が12月のなかば過ぎ。


一通りの親への状況聴取のあと、
言語聴覚士のおじさんが言語面のチェックをする。


ミチャポンはいろいろ遊べたって感じでいたってご機嫌であった。


(終わったらマックでハッピーセットというあとの約束も功を奏していたかもしれぬが)


翌月、臨床心理士のいる曜日に発達検査を受ける事にして予約をとり、1回目の受診終わり。


さて、予約の日は1月の14日ときたもんだ。
そのときには予想だにしないハプニングが…。



<続く>




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


↑ブログランキング参加してます。↑
応援の1日1クリックを



久々の
ミチャポンの話です
さて、このあとどうなるか
気になった人もそうでない人も
おひとつぼちっと↑



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*へ それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村 トラコミュ 発達障害児を育てていますへ 発達障害児を育てています

 

ブログ内検索


サイトマップ(全記事一覧)はこちら

アスパラガスの会のお知らせ

成人ASD(自閉症スペクトラム障害)者のための自助会:アスパラガスの会 ご案内

アスパラガスの会は、大阪南部を拠点に活動する成人自閉症スペクトラム障害者の自助会です。1ヶ月に1回の集いを中心に活動しています。アスパラガスの会ホームページはこちら

アスペルガーライフblogの発達障害関連動画

発達障害の常識とやらにツッコミをいれてみる !

発達障害に関するよく言われるセリフってなんか変!

自閉症(ASD)児者の聴こえ方を疑似体験!

自閉症児者の聴こえ方を定型発達の方に疑似体験していただける動画を作ってみました。

この動画に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

うわ!狸穴猫が本に登場してしまった
かなしろにゃんこ。さんの新刊に狸穴猫が登場します。
閲覧ありがとうございます。
にほんブログ村メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
発達障害・自閉症
←ランキング参加してます。応援の1クリックをよろしく!

別館 自閉症スペクトラム情報館はこちら

スポンサード リンク
ソーシャルメディア
便利ツール(別館)
狸穴猫のおすすめ
管理人からのお願い

記事に関係ないコメント・個人的な相談にはお返事できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
また、できるだけ個人的な相談はご遠慮下さい。

狸穴猫のおすすめ(その2)
RSSフィード

 

こんなページが読まれています